2016-17AW TOKYO buying report NO.1

この度、初めてのバイイングで東京へ行かせて頂く機会があり

2016-17AW sacai→DROMe→maison margiela→MM⑥の展示会へ行って参りました。

 

全てが新鮮で刺激的な一日でしたのでバイイング初心者としての視線で

その様子を皆様へもお伝え出来ればと思います。

 

まずは、sacaiの展示会場へ向かう途中に青山で

ハイブランドショップのウインドウを見学して周りました。

バレンシアガ、マックインなどが並ぶ先にクリアな空間のショップがあります。

コムデギャルソンのショップでした。

IMG_0013

白く塗られたトルソーをランダムに並べられている光景は

少しミステリアスな雰囲気で人目を惹くウインドウでした。

IMG_0017

 

歩いていると一際目立つひし形の窓のビルが現れました。

迫力のあるこの建物はプラダブティック青山店です。 

IMG_0024

さていよいよsacaiの展示会場に到着です。

すっきりとした空間の両壁の長いラックには

色とりどりの洋服がぎっしりと並び

コレクションの迫力を感じ、まずそのサンプル量に驚きました。

sacai×sophiebillebraheの限定チロルチョコでおもてなしして下さいました。

IMG_0032

 

2016-17AW sacai precollectionのテーマは「より多くの愛を与えること」。

ルックにも登場していた胸元の”LIIFE”には

”LIFE”<人生>と”I”<愛>を掛け合わせた

デザイナー阿部さんのメッセージが込められています。

sacai pre autumn 2016 look #21

 

▼袖にトレンチコートのベルトがあしらわれたワンピースやニットは

カーキ×グレーのカラーが大人っぽい印象でした。

sacai pre autumn 2016 look #3

▼ネイビー×ブラックやレッド×ピンク、ブラウン×グリーンなどのバイカラーのレースは遊び心を感じます。

sacai pre autumn 2016 look #5

 

▼ドット柄ブラウスの所々にベロア素材が施されている

異素材の組み合わせも来シーズン注目のアイテムです。

sacai pre autumn 2016 look #20

 

▼デニムシリーズは、染色の異なるデニムを繋ぎ合わせた表情のあるデザインを

メンズライクなシルエットに仕上げていました。

sacai pre autumn 2016 look #28

sacai pre autumn 2016 look #29

私も初めてのバイイングにテンションがあがり

ついついオーダーし過ぎてしまいそうになる気持ちを抑え

冷静を心掛けながらのバイイングに集中していまい

気付けば予定より1時間オーバーしていました…

詳しくは店頭でぜひお話しさせて頂ければと思います。

 

IMG_0035

 

この日着ていったのももちろん今期のsacaiです!

迫力ある花レースとプリーツの組み合わせが

sacaiらしいスカートで私もとても気に入っています。

タートルニットと合わせ、アウターはsuzuki takayukiのトレンチコートで

モノトーンにまとめモードにスタイリングしてみました。

IMG_0037

 

次の展示会場に向かう前にsacaiのショップにも足を運びました。

IMG_0133

ウインドウ一面に貼ってあるモデルのステッカーは

今期のフラワーレースとペイズリー柄!

青山の一角の奥まった場所にあるショップですが

遠くからでもはっきりと存在が分かるほどの迫力でした。

店内はホワイトを基調とし所々にグリーンがありとてもクリアな空間で

迷路のような造りの店内はそれだけでわくわく感を掻き立てられます。

ディスプレイもテーマごとに分けられてまとまりのある見易い並びでした。

La cham blancでも活かせるようにしっかりと見てきました。

 

根津美術館に隣接したRick Owensのショップへもリサーチに行きました。

IMG_0045

無機質なコンクリート構造の店内の奥の大きな窓の向こうには

緑の木々が茂り自然との融合が素晴らしいショップでした。

0018

店内奥に設置されたデザイナー:リックオウエンスを模した蝋人形「RICKZILLA」には驚きましたが

リックの独特な世界観が店全体で上手く表現されている空間でした。

 

その後、DROMe→martin margiela→MM⑥の展示会に向かいました。

その様子は次回のブログにてご報告させて頂きますので

ぜひ読んでいただければと思います。

ご拝読ありがとうございました。

 

La cham blanc

黒﨑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>