2020年春夏パリメインコレクションバイイング VOI.1

になりっち

17

18

19

20

21

22

25

26

24

23

27

28

29

昨夜、パリに到着しました。
今朝は20℃ぐらいで日本よりは寒いです。

ニナリッチ、2020年春夏パリコレ。

会場はエッフェル塔横のパレドトウキョウ。ショー会場前の緊迫感はパリコレならではです。

一人と一緒のファッションは見られないファッションマニアたち。

ベーシックなアイテムと差し色の蛍光カラーの組み合わせや、シースルーなアイテムがお洒落に目立っていました。

30

31

33

32

34

35

36

ニナリッチ会場内は、前回にも増して熱気が溢れていました。

招待状はピンクのチューインガム(ではないてすが)が添付されており、シートには本物のチューインガムがお土産に置いてありました。

そして何とフロントローに、アンミカさん発見!テレビのパリコレ学で見るより、お顔も小さくとってもお綺麗でした。

勿論ニナリッチをモードに着こなされてました。

37

38

40

41

42

44

45

46

47

48

49

50

ニナリッチのショーは、始まる直前に天井から突如、シャワーのような水が流れ落ちるパフォーマンスに驚かされます。

そして登場するモデルはひらひらとシルクのヒレをなびかせ、或いは、時おりキラキラ光る鱗のヘッドアクセサリーやドレスは、まるで海の中の美しい魚のようでした。

デザイナーデュオのルシェミー・ボッターとリジー・ヘレブラーの二人の故郷、カリブ海を優しく表現したコレクションだったと感じました。

オーナーバイヤー岩高