カテゴリー別アーカイブ: BUYING BLOG

パリバイイング 2日目

8

▼パリバイインク2日目。かなり寒いけど快晴。
いつも車の多いリボリ通りは、大量のマラソンランナーで封鎖。
ランナーはかなりのスピードなので向こう側に渡れず、やむなく地下道で横断です。
道路脇にはバンド演奏がランナーを応援していました。年毎にランナーも増えてるように思います。

1

2

▼合同展示会場のトラノイでは、コムーンの元デザイナーの古舘さんが手掛けるAEVESへ。
時代を越えて鳥のように自由に表現、行動をしたいという意味を持ってデザインされたブランド。
秋冬はレイヤードスタイルを提案したというワンピースやセパレーツが彼女らしさを醸し出していました。
ジャガードが素敵なお揃いのトップスとコートで記念撮影。

3

4

5

6

7

▼引き続きトラノイのレナードプランクへ。
レデースでは新色のベビーピンクが登場!早速それを被ってデザイナーと記念撮影。
その他は一部シワ加工が施されたライトベージュのハットがお洒落すぎです。

8

9

▼トラノイ最後はナイジェルプレストン。
軽さとしなやかさを備えた最高級品質のトスカーナムートンです。
そして探していたロング丈の黒を発見!一目惚れしてついに個人オーダー入れました!
また、5月か6月頃にはお店で秋冬オーダー会を行いますので是非ご覧にいらしてくださいませ。

10

11

12

13

14

▼パリのコレットのウインドウは、先日初めてのショーを披露したヴェットモンのバレンシアガ。
一面はフライトジャンパーを数枚重ねた(その中に一着タキシードが着せてありました)スタイリング。
もう一面は、多分ショーに出したと思われる洋服がラックにびっしり掛けてありました。
今回のパリコレ一番の話題とあって、号外のWWDのトップにも載ってました。
元マルジェラで働いていたヴェットモン。ファッションも時代の変わり目を感じますね。

15

16

17

18

19

▼アンドウムルメステール2016年秋冬パリコレ。
テーマは「アンファンソバージュ」ワイルドでロマンティック、そして自由奔放なプリンセスをイメージ。
頭には馬の王冠を付け、タキシードとパンツはメンズライクだが、
リラックス感のある洗練された着こなしがとてもお洒落なコレクションでした。
黒と白、そして差し色にはシルバーゴールド、錆びたオレンジ、血のような赤…。
さすがの安定感を魅せたコレクションでした。

20

21

22

24

25

26

27

28

29

30

オーナーバイヤー岩高

パリバイイング 1日目 Vol.2

20160305_200751

▼オスカー終了後、雨も上がって、エッフェル塔がきれいに見えました。
思わず写真をパチリ!!

1

2

3

▼エマニュエルウンガロ秋冬。
得意のレースとフラワーモチーフを、重めのツィードや、
凹凸感のあるジャガードでスタイリングしたテクニカルなコレクションでした。
デザイナーのファウストブリージにも会えました。
ショールームの可愛いオードブルもここの楽しみです。

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

▼リパブリック駅では、テロの犠牲者の追悼の花がまだ手向けられていました。

17

▼ニナリッチ秋冬パリコレは、シャンゼリゼのグランパレで行われました。
今回の席はラッキーにもフロントローでしたので、続々と入場するお洒落な人達のファッションスナップ沢山撮れました。
本日最後のショーがまもなくスタートです

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

▼ニナリッチの2016年秋冬コレクションは洗練された若く美しいミューズが沢山登場しました。
細長い縦長のシルエットは、新生ニナリッチを担ったギョ-ムアンリによって、
確実に確立されたことを感じた素晴らしいコレクションでした。

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

オーナーバイヤー岩高

パリバイイング 一日目 Vol.1

▼パリの初日の朝は雪。

パリは今日から冬日の予報で明後日は氷点下に下がるとか。
今日は今からハイダーアッカーマンのショーなので、
寒さに負けないよう朝食はしっかりとっていきます。
久しぶりのフランスパンは最高です。

1

2

▼パリ初日はハイダーアッカーマンのショーから。
場所は前回と一緒のエッフェル塔横のトロカデロ。
生憎の雪と雨ですがファッションピープルはそんな天気にも負けず続々と集まってきます。
ランバンメンズデザイナーのルカも来てました。

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

▼HAIDER ACKERMANNのショーはブルーのライトに包まれた神秘的な空間でした。
アールヌーボー柄の絨毯がひかれ、
ハイダ-が得意の色のきれいなベロアやツィードのコーディネートが斬新。
進化の行方が見物です。

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

▼ハイダ-アッカーマンのショーの後は、そこから歩いて5分のオスカーデラレンタのショールームへ。
豪華な入口に思わずポーズ!
今回のパリには、厚手の冬物の上にゆったり羽織れるパコラバンヌのスプリングコートをチョイス。
これ実は裏を表に着て華やかさを楽しんでます。では今から新作みてきますね。

27

28

29

▼オスカーデラレンタ秋冬は、18世紀のヴィクトリアン。
1970年代にベルサイユ宮殿で行われたファッションショーに、
その当時珍しくアメリカのオスカーデラレンタが参加したことで、
パリのファッション界を驚かせたエピソードがあったようです。
グレーがかった色やダスティローズ、黒とゴールドの色目や、
オーガンザー、スパンコール等はオスカーがその当時に感じた感性。
それをピーターコッピングが見事に現代風に表現していました。

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

オーナーバイヤー岩高

2016年秋冬パリバイイング報告(最終日)

▼パリバイイング最終日。
最後のブランドは、アルベールエルバスの去ったランバン。
展示会場に不安と期待を持ちながら入ると、意外にも、いつもと変わらぬ熱気に溢れていました。
これは大丈夫!と直感しました。
2016年秋冬プレコレクションをデサインチームで完成させたランバンは、80年代のニューロマンティックがテーマ。
フリルやレース、パフスリーブ、ミックステクスチャー等、
ブリティッシュロックが満載で、とても若返ったコレクションでした。
その訳は、デサインチームに洋服はクロエから、シューズ、バックはセリーヌからのスタッフを抜擢したからとのこと。
画像はNGですので、若がえったコレクションの一部をご紹介します。

1

2

3

4

5

6

7

▼バイイング最終日はナイトフライトで日本に帰る為、空港までの迎えのタクシーまであと1時間。
今回は体調を壊したりして殆どパリのショップのリサーチは行けなかったので、
残りの1時間はサントノーレに先月オープンしたパコラバンヌのショップへ。
25日のオープニングパーティーに招待されてましたが行けなかったので見てきました。
場所はパリ最古のシャネルの店があるかの有名なカンボン通りです。
ショップはパコラバンヌのアイコンの⚪を使った壁面でモードさに溢れていました。
早速ウインドウには春のコートがディスプレイされてました。
マトッテイにも同じコートが先日入荷しています。
パリで話題のパコラバンヌ。是非ご覧くださいませ。

8

9

10

▼パコラバンヌのショップの通りには、ココシャネルがパリに始めて開いたショップがあります。
シャネルのショップは今や沢山ありますが、ここは意外にも静かでその当時の趣のままにたたずんでいるような気がします。
ウインドウには春のディスプレイが並んでいますが、何故か最後の2枚は、
ランバンのディスプレイに少し似ているような気がしました。
パリでは、アルベールエルバスはディオールではなくシャネルに行くのではないかとの噂もあることから、
そう見えるのかもしれませんね。

11

12

13

14

15

16

17

18

▼2016年秋冬プレコレクションのパリのバイイング無事終了し帰国しました。

年明けのパリのテロ事件により、パリのファッションのこれから、街の治安等の不安もあり、
今回は渡仏を断念したバイヤーも多かったと聞いておりましたが、
私たちはバイヤーの使命を果たすべく恐る恐るパリに向かいました。

そして、実際、パリはいつもと同じで私たちを迎えてくれました。
パリの人たちは動じない強さを持っている、そしてパリを愛しているからパリから決して離れることはないと感じました。

特に今回のバイイングでは、デザイナーが心から愛を持って商品提案に臨んでいると感じました。
その一部を紹介します。

⚫ディプティ
閉鎖された地下の空間で、私達だけに、特別な時間と独自の商品のプレゼンを自ら語ってくれたデザイナー。
久しぶりに感動しました。商品に対する愛と情熱をわかって、
それをお客様に伝えることが出来る店だけに売りたいという愛に心打たれました。

⚫ハイダーアッカーマン
初めてプレコレクションを行ったハイダーアッカーマンは、
バイヤー意外には商品を公開しないでほしいと一切の画像をシャットアウト。
SNSで好き嫌いを勝手に評価される時代に抗議する姿勢は、自らの商品を誰よりも愛しているからこそだと感じます。

⚫デニスコロン
カシミヤのストールは今まで沢山見てきましたが、デニスコロンのカシミヤは違っていた。
デザイナーの暖かい心が宿ったような、今までに味わったことのない軽くて包み込まれるような暖かさ・・・。
優れた商品とはデザイナーの愛情がこもっているんです。

⚫ザ・ロー
オルセン姉妹はわずか20歳代で上限無しのクレジットカードを持つ生活をしていたセレブだから
誰もが成功するのは当たり前と思うが、最初は何度も世界のバイヤーからのダメ出しを受け続け、
ようやくパリで展示会を開けるまで努力を惜しまなかったという。
ザ・ローというブランドを着ることで皆が幸せな気持ちになれるという気持ちが伝わるまで努力を続けた二人の真の愛を感じる。

バイイングの度に、沢山の愛をもらい、そして私もまた愛を届ける。

沢山愛情をもらった話はまだまだ続きますので、是非皆様にお店でさせてくださいませ。

明日からマトッテイにて皆様のご来店を心よりお待ちしております。

19

オーナーバイヤー岩高

2016年秋冬パリバイイング報告(5日目)

  

▼パリバイイング5日目はクロスから。
いつものファサードを抜けるとクロスのマークがウエルカム。
2016年秋冬はコートが良かったです。特にロング丈のコートと、
カシミヤのハーフジャケットは、クロスならではの雰囲気が気に入りました。
メンズスタッフもクロスのオーダーにはひときわ熱が入ります。

4

1

2

3

 

▼08サーカスは、デザイナーの元ブランドの商標を昨年買い戻し、
新たにkiminori Morishitaコレクションを発表。
そのコレクションは、手仕事、一点物、仕事の入ったもの…等、迫力ある作品です。
レザーブルゾンは100ピースの工程を経て作られたり、
MA1はレクサスのタイヤのホイルに吹き付けるシルバーメッキを独自にコーティングされ温度差によって表情が変わる等、
森下氏にしか出来ない力強さとテクニックが披露されました。
久しぶりにデザイナーの森下氏もパリに見えられ、迫力あるコレクションを披露されました。

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

▼バイイングには、書類やカメラ、私物等、沢山携帯しますが、
このバルマンのルピエールは沢山入るし、その上使いやすいのが特徴。
またバイイングでは沢山のショールームを回るのでファッションも様々。
でもどんなスタイリングにも合うし、ルックスも良いのでとっても気に入っています。
バルマンのショールームは、パリのショップの2階です。では行ってきます。

16

17

18

▼2016秋冬バルマンのテーマはマリーアントワネット。王妃の衣装の装飾やレース、
そしてフリルがふんだんに使われた豪華な衣装が圧巻です。
まずは、オートクチュール並のアトリエの手仕事、技術を駆使した作品をご覧ください。
この後に、特別なイベントが行われるようで、デザイナーのオリビエ・ルスティンの姿を拝見できてラッキーでした。
昨年はH&Mとのコラボレーションで、幅広い世代にバルマンの名を世界にも発信したオリビエ・ルスティン。
若き彼の才能には益々目が離せません。

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

オーナーバイヤー 岩高