MM⑥・Maison Margiela POP UP EVENT

06b3d7e4b0a012a4dae053b888ae76e8

この度10/22(土)~10/31(月)の期間限定でMM⑥とMaison Margielaのポップアップイベントを開催致します。

ポップアップ期間中のみご覧頂けるアイテムが多数登場しスペシャルなイベントもご用意しております。

 

内容はイベント開催の初日と二日目にメゾンマルジェラから

スーパーアドバイザーをお招きし、

スタイリングのアドバイスやマルジェラについてのお話を

プレゼンテーションして頂けるイベントも開催致します。

【イベント概要】

10/22(土) 15:00~(第1部)  18:00~(第2部)

10/23(日) 12:00~(第1部)  15:00~(第2部)

※お時間に関しましては一部変更する場合がございます。

我々がパリ展示会で実際にお聞かせ頂いているプレゼンテーションを再現し、
皆様にもブランドの世界観を直に体感頂ける機会となっております。

歴史・文化背景に重きを置き、コンセプチュアルな服作りを続けてきたMaison Margielaの独特な世界観。

シーズンコンセプトをどのようにファッションに落とし込んでいるかという関連性や
哲学を知って頂く事で更に今シーズンのMaison Margielaをご堪能頂けると思います。

16a-margiela%c2%e7

2016-17 AUTUMN&WINTER  Maison Margielaのテーマは「オーセンティッククラシック」

トレンチやポロシャツ、Aラインのドレス、アーガイル模様…。

現代人からすると、当たり前にあるそれらの伝統的な要素に、刺激と斬新さを加え、ニュースタイルを提案しております。

866_434-16aw-mm6

MM➅のテーマは「ロックとロマンテック」「クラシックとモダン」

相反する二つの要素を共存させたワードローブはケミカルな素材を多用することで、

ナチュラル素材からは生まれない質感やフォルムを実現しております。

 

当日はレディースはLa cham blancを会場に、メンズはSHELTER Vを会場に

お席をご用意しごゆっくりとご覧頂けます。

ブランドアドバイザー直々にご紹介して頂ける、またとない機会ですので、是非ご来店下さいませ。

皆様のご来店心より楽しみにお待ち致しております。

 

La cham blanc スタッフ一同

 

 

 

 

 

 

パリバイイング最終日

1

パリバイイングも最終日になりました。

▲朝はいつものカフェで、クロワッサンとコーヒーを頂きます。


日本での日常の朝はいつもバタバタで一日が始まりますが、
パリの朝はとても気持ちが良くて、こんな朝をいつも迎えられるようにと思いも募ります。

▼今日はニットケープの下は、ドリスヴァンノッテンの秋冬タイガープリントを着ています。


今からオスカーデラレンタです。

2

3

▲オスカーデラレンタのショールーム前も紅葉が始まってました。

▼2017春夏オスカーデラレンタは、デザイナーのピーターコッピングが抜けたことで、
チーム全員が再結束し歴史ある60年を迎えるオスカー氏へのオマージュを回顧したコレクション。


それは原点に戻るという意味で、全身純白のスタイリングでコレクションがスタートしました。

オスカー氏が好きだったというペーズリー柄、ジガード、朱赤が登場。


NYを始め世界のセレブリティに向けての豪華で華やかなコレクションでした。

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

▼2017春夏ニナリッチのテーマは、夕暮れのサンセット。


コロンビアの首都ボゴタの夕暮れは、灼熱の太陽が沈む時がとてもロマンティック。


それを色に例えるなら、深く光り輝くバイオレット。

内気でナィーブなパリジェンヌが、中南米を旅し、そこで力強く生きる人々から生き抜くことを学び感じ、
強い女性になっていくというストーリーをパリコレクションでお洒落に表現しました。

また、プレコレクションからスポーティーでフェミニンなテイストが引き継がれ、
黒白や黒ブラウン等、太いストライプがとても印象的でシックなコレクションでした。

20

21

22

23

24

25

26

27

28

2017春夏パリコレクション最後はランバン。


アルベールエルバスが去った後に抜擢された、ブシュラジュラールが、
どのような新生ランバンを見せるのか・・・、パリコレ一番の話題でした。

ファーストルックは、真白のタキシードジャケットのレイヤードスタイル。


まさにマスキュリンとフェミニンを、女性らしくクチュールに特化したブシュラジュラール独自のスタイルで魅せてくれました。

左岸の新しいショールームは、以前よりこじんまりしたレトロで素敵な空間。


ランバンのアーカイブを引用したアールデコなパーツや素材が眼を牽きます。

WWDのインタビューに彼女は
「服は女性のベストフレンド。
私のランバンは落ち込んだ時でも会えば元気が出る、仲の良い友人のような存在でありたい。」

 

そんな優しい女友達のような、寛大で等身大で、気張らないリラックスしたファッション。


不思議と私も気が付くと何の迷いもなく発注していました。


皆様にもきっとその気持ちは、商品をご覧いただくと伝わると思います。

 

29

新生ランバンを担ったブシュラジュラール。


プレッシヤーのなか、真剣な眼差しには優しさと余裕を感じる。

 

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

▲フィナーレは投げキッス♡

2017年春夏パリコレクションバイイング終了しました。

パリに行く前から、アジア人を狙って空港からパリ市内のタクシーで強盗があったり、凱旋門辺りには移民が寝泊まりし、
パリは観光客も激減し、治安もさらに悪くなっているとの情報をたくさん聞き、
セキュリティーに対するストレスを抱えながらのバイイングに向かいました。

しかし、いつもながらパリコレは盛り上がりを見ており、
ニナリッチやサカイのショーなどは前回よりも混雑を増していました。


ショールームはバイヤーは少し少なく感じましたが、各ブランドのテーマとコンセプトは常に明確で、
新しい春夏の時代に目が向けられた商品が沢山発表されていました。

また今回特にパリコレに沸いたのが、新デザイナーのデビューでした。
ディオールは、メゾン史上初の女性のマリア・グラッツイア・キウリを起用。


ヴァレンチノでの実績を買われ「今までのディオールを解放した若々しいコレクション」とプレスの評価を高く得ました。

サンローランは、「アンソニー・ヴァカレロ」。


創業者のイヴ・サンローランと、前任のエディ・スリマンというカリスマデザイナーの後任という
期待がのしかかる中でショーを実演した勇気に拍手が送られた。

そして、MATTOTTIの代表セレクトブランドランバンは、
自身の名前を冠したオートクチュールのブシュラジュラールをきっぱりと辞め、エルバースを辞任に追い込んだ
ランバンのオーナーの期待がかかる新生ランバンにその精神をささげる覚悟をしたブシュラジュラール。

初コレクションは、何のしがらみにもとらわれない潔さ、そして彼女自身のキャリアを感じさせる自信、
得意のジャケットスタイルで、マスキュリントフェミニンを見事に表現した神聖なコレクションだったように思う。

そして今回のパリコレで感じたのは、キャリアを積むことの大切さ。


キャリアを積むということは、実際にできそうでむつかしいことだと思う。

今の仕事に行き詰まりを感じ、転職を続け、常に自分に何が合うのかを探し続ける若者たち。
長く働いていても変化を恐れ、マニュアル化した毎日に満足し、新しいことに挑戦することを忘れた人たち。

キャリアを積むということは、一つのことを常に極めていくこと。
そしてそれが常に誰かの役に立っていること。

ハイダーアッカーマンは、以前のコレクションで、自分が今まで負ってきた「心の傷」をテーマに、
ずたずたな心をハンドメイドのステッチで表現した。


心の傷は誰にも見せたくないはずなのに、ハイダーはその自身の傷を堂々と商品という形で表に出し、
自分と同じ心を病む人たちに勇気を与えた。


そして来シーズンから、イタリアの名門ブランド、ベルルッティのデザイナーに起用された。


彼のキャリアの功績だ。

ランバンの新デザイナーブシュラジュラールは、バレンシアガではニコラゲスキエールにプレタポルテを学び、
ラクロアの元ではオーオトクチュールと出会った。

駆け出しのデザイナーが、ランバンのオーナーに出会うまでの日々は、相当な努力を積んだとはかり知れない。

ショップ経営、バイヤー、スタイリスト、ファッションアドヴァイザーもみな同じ。

いろんな経験があるからこそ、新しいことを切り開くことに何も躊躇しないし、
常に降りかかる難題を解決できる強さがある。

そしてその力が、周囲を力づけていく。

誰にもができることではないかもしれないけれど、誰にでもできることだと思う。

また今日からそういう気持ちで頑張っていける。

一つのことを続けることに何の迷いも要らないことを教えてくれた、今回のパリコレクションだったと思う。

オーナーバイヤー岩高

バイイング4日目

1476173407644

バイイング4日目。

▼世界平和を願う強いメンタリティーと穏やかな心を同時に持つ女性を、


パリコレという場でファッションメッセージとして実現させた2017春夏ハイダーアッカーマン。

翌々日から始まった展示会場は、極楽浄土を彷彿させるような明るく透明感ある鮮やかなカラーが眼を惹きます。


またハイダーと言えばパンツスタイルが得意だが、今回はダブル加工を施した
かなり繊細なプリーツがはるかに美しさを奏でていました。


それは、ヘアースタイルからも感じられるように、まさに極楽鳥をイメージしています。

そしてそんな美しいシルエットアイテムに加味して是非お勧めしたいアイテムが、


淡い色のピンクやブルーのスエットブルゾンと、世界平和を大きな英文字のロゴにデザインしたビッグTシャツ。

ボトムはプリーツをスタイリングして、極楽鳥の気分で夏を楽しんでほしいですね

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

▼メゾン マルジェラ 2017年春夏は、ジョンガリアーノが定義するマルジェラのボキャブラリーを
今までで一番全面に打ち出したコレクションだと感じました。

テーマは18世紀とスポーツを融合させたモダンユニフォーム。


具体的には3つのアプローチから成り立っています。

1.スクールガール、銀行員、セーラー服といった典型的な制服

2.スキューバダイビング、狩猟スタイル、雨ガッパ、といったスポーツウエア

3.ナポレオンボナパルト、その妻のジョセフィーヌといった、18世紀の歴史的レファレンス

このような3つの違ったテイストをエキサイティング且つエレガントを持って
1つのファッションに表現できるのは、やはりガリアーノしかいない….。

バイヤーがエキサイティングしながら独自に抜粋したバイイングアイテムを皆様もご覧になると、


きっと興奮するに違いありません。是非ご期待くださいませ。

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

 

▼パリのチュルリー公園横の並木道は少しだけ紅葉が始まってました。


少し時間があったので、パリでのファッションスタイリングをご紹介させていただきます。

メゾンマルジェラのニットケープは袖を通さなくて軽くはおれるからとても気軽です。

ニットケープの下は、ランバンのピンクの花柄のシルクのブラウスを着ています。


この秋は、カジュアルな中に、エレガントなテイストを加味したブラウスが大流行です。


また、ショールームは熱気でかなり暑く、また、今の季節は昼間と夜の気温差がかなりあるので、
ブラウスがちょうど良い感じです。

足元は、ニットケープに合わせてロングブーツを選びました。


秋冬新作のアンドゥムルメステールです。

 

28

▲メゾンマルジェラのニットケープは、色違いで明るいトーンのオリーブ色もあります。

29

▲ニットケープにはロングブーツがとても相性が良いですね。
スカートはバルマンのペルベットそざいのミニ丈で。

30

しっかりしたニット素材なので、後ろのシルエットも広がらずスッキリ見せてくれます。

31

▲新作のアンドゥムルメステールのロングブーツは、前は膝が隠れる丈なので膝が見えなくて、


後ろは膝下の丈なので、座っても大丈夫なデサインが気に入っています。


もちろんヒールは低いのでバイイングには欠かせません。

32

▲チュルリー公園は緑とお花がとっても綺麗でした。


ランバンのブラウスのお花と同じ色のお花もありました。

33

 

▼続いて、メンズ岩高のパリのスタイリングの紹介です。


トップスは、エムエークロスの新色のボルドーのジャージのシャツジャケットに、


レーベルアンダーの5ポケットのパンツで秋色を楽しみます。


シューズはコードヴァンのペトロラウム。パリもボルドー色が流行ってます。

 

37

38

▲クロスの新色のシャツジャケット

39

▲レーベルアンダーの5ボケットパンツ。

40

▲コードバーンのペトロラウム。

 

オーナーバイヤー岩高

sacai ワッペンブルゾン×ワッペンスカート

     img_0115

今日はsacaiのワッペンシリーズのご紹介です。

パリコレのショーでも一際目を引いていた今季のsacaiを象徴するワッペンシリーズ。

Sacai Paris RTW Fall Winter 2016 March 2016

Sacai Paris RTW Fall Winter 2016 March 2016

オーガンジー素材の随所に散りばめられたワッペンは全て手縫いで

一部だけ縫っているものと全体を縫い付けているものとあり

動きが出るような工夫がされています。

一見タイトスカートのようにも見えますが

サイドにはオーガンジーのワッペンが覗き

見る角度により表情が異なります。

img_0114

img_0117

img_9161

sacai ジップニット 16-02824 ¥75,000+税

color:navy

size:2

Sacai Paris RTW Fall Winter 2016 March 2016

▲先程上部でもご紹介したように、メインコレクションでモデルも着用していたアイテムです。

img_0125

▲ニットに刺繍が施してあり、コレクションで使用されているワッペンを模り刺繍されております。

裏地もついており少し中綿が入っている為防寒機能も果たします。

img_9164

▲後ろから見たら良く分かるように後ろの首元・脇腹・腕にジップが付いております。

img_9170

▲実際に開閉も可能で、合わせるお洋服により調整しバランスもとり易く作られております。

img_0121

img_0119

sacai ワッペンスカート 16-02912 ¥145,000+税

color:black×gold×navy

size:1・2

img_0124

img_9173

▲ワッペンを拡大して見て見ると今季テーマとして掲げられる

“love will save the day”の文字が2つのワッペンに分かれ表現されております。 

オーガンジ―の透けた素材ですが中にペチコートも付いており

安心して着用していただけます。

 img_0127

▲サイドの腰あたりには2本のアジャスターベルト付き。

腰回りのボリュームは抑えてあり裾からワッペン付きのオーガンジ―が少し広がるバランスがお洒落です。

反対側から見るとコットン生地のタイトスカートに見えたり

どこから見ても表情が変わりおしゃれ心をくすぶられます。

* * * * * *

top-2016aw-mukinri

また只今店頭では、無金利イベント開催しております。

~10/31(月)の上記期間中は36回まで無金利で

クレジットショッピングをご利用いただけます。

是非この機会にご利用下さいませ。

皆様のご来店心よりお待ち致しております。

La cham blanc

黒﨑

 

 

 

パリバイイング3日目

23

▼午後は、秋冬からスタートしたラシャンブランの「アエヴェス」へ。


コンコルド広場から近くのショールームにはデザイナーの古舘郁さん自らお出迎え頂きました。

最近、週末の度にパリから近くの海や街に小旅行に行かれるようで、
そこから得られるインスピレーションが今の彼女のデザインソースになっているようです。

来春夏は、軽さとエレガントとスポーツが重なりあったコレクション。


エレガントでは、表面が立体的なリバーレースや、フランスのカレ地方のソフィーアレットのレース等が
豪華にそして軽やかに使ってあったり、透き通るようなコットンはワンピースやブラウスに使われています。


そしてボトムはマリン調のパンツでスタイリングされています。

また、今回のルックの写真はアメリカでの撮影によるもので、
とてもクールでスタイリッシュな彼女らしさが表われています。

是非皆様も一度アエヴェスのお洋服に袖を通してみてくださいませ。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

▼ラシャンブランの新ブランド候補「ODEEH」を見にショールームへ。


ODEEHは、2008年ドイツベルリンにて、デザイン担当のOtto Drogslerと
マーケティング担当のJorg Ehrlichgaが立ち上げたトータルブランド。


まさに二人のこだわり抜いた情熱とファッションへの探求感が感じられるコレクションです。

来春夏は、オリジナルの生地で作られたジオメトリックプリントや、
マルチカラーボーダーの色にかなりこだわったというマリンテイストの色合いに惹かれました。


更に気に入ったのは、シルク中心の素材感の良さと、ラフなデザインのパンツです。

きっと、このブランドは、皆様の春夏の時間を楽しくお洒落に導いてくれる事でしょう。

14

15

16

17

18

19

20

▼2017春夏レナードプランクは、新しいセレクトショップが続々とオープンするパリの新スポットクレア地区で展示会を行いました。
メンズは原点に戻るがテーマでしたが、レデイースはよりアートで自由にをテーマに、新作が登場しました。


特にお勧めは、ストロー素材の夏のニット帽。カラーは黒、ネイビーがお勧め。


その他、コットン素材のキャップもGood!レナードファンの私にとっては全部買ってしまいそうです(((^_^;)

21

22

23

24

25

26

27

28

 

オーナーバイヤー 岩高

パリバイイング3日目。サカイ

 

 

 

20161003_113343

パリバイイング3日目は、サカイのショーから。

サカイのショーは他のブランドと違って、招待客が華やかでトレンディ。

そんなお洒落なファッションマニアを撮影しようと、パリコレ開始11時前から、

会場のパレドトウキョウ前は、カメラマン達で物々しい雰囲気に包まれていました。

私もこの時とばかりはカメラマンに早変わり!でもこれだけ撮るのも、かなりの至難の技なんですよ(^_^)v

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

21

22

23

24

▼2017年春夏サカイパリコレは、ユニフォームをいつものサカイの独自の解体そして再生によって独自のデザインとフォルムに仕上げたコレクションでした。

会社員が着るスーツや軍人が着るミリタリーウェア等、ベーシックな制服が、

サカイの手にかかるとこんなにも楽しく、可愛く、軽やかな

新生ユニフォームになるという実績を、見事に世界にアピールしたと言えるでしょう。

またショーではサカイ初のバッグコレクションがデビュー。パリ・コレットのウインドウと2階に先行限定発売されていました。

まずは、yoko iwatakaが撮ったプロ顔負けの?ランウェイショットご覧ください。

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

▼コレットのウインドゥは、サカイパリコレで発表されたバックがディスプレイ。

2階ではバックがコーナー展開され、先行期間限定販売されていました。その横には勿論春夏商品がディスプレイ。

実は、繊研パリ紙に、ドメスティックの、モーストクリエイェブデザイナーとして、

メンズレディース部門ともに、サカイが第1位にランキングされていました。
世界的にもその人気は高まるばかりです。

店内のトルソーには今流行りのトレーナーにロングのプリーツスカートという

スタイリングがディスプレイされ、ニナリッチのバックも登場していました。

そして来客すべての方にシャンパンがサービスされ、大混雑の中、皆でファッションを楽しみました。

 

52

53

54

55

56

57

58

59

60

61

62

63

 

オーナーバイヤー 岩高

パリバイイング2日目

 

1

▼2017年春夏、ドリスヴァンノッテン、パリコレ。

まず感動したのは「ICED FLOWERS」。


ランウエイに、お花のアレンジを高さ150cm、幅50cmで凍らせてブロック状にしたオブジェを23個並べた演出。


これは、日本人アーティストの東信(あずままこと)の作品。

お花はスペインで調達し、ベルギーで凍らせ、そのままパリまで運んだというドリス氏のこだわりです。


まずはその圧巻足る演出をご覧ください。

2

3

4

▼ドリスヴァンノッテン春夏は4つのテーマでくくられています。

1.OPPOSITTES(対比):東洋とヴィクトリアンの対比、ナチュラルとメタリックの対比、シックとカジュアルという対比

2.フラッグメント:破片、断片を使った装飾

3.誇張されたヴィクトリアン

4.オリエンタル:着物スリーブ、和柄、漆の光沢、ジャガード

これらを、ファッション、芸術、商品として表現するドリスヴァンノッテンの美の世界は、来春夏も健在です。

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

▼2017年春夏パリコレクション。


アン ドゥムメステールのテーマは「True black」。

強さと弱さ。

気取らずこだわらない精神。

ルールのないミックスされた自由な着こなし。

メンズとレディースの枠など何もない事実。


そんなテーマのもとに発表されたコレクションは、
一つ一つのアイテムにもその意味か表現され、生かされていました。

日々を生き抜いていくには、強さも必要だが、
自由で自分らしくあることも大切だと教えてくれた、優しさ溢れるコレクションでした。

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

▼アンドゥムルメステールのショールームはパリコレを終えたばかりのサンプルがずらりと並びます。

アンドゥムルメステールからの素晴らしいセンスと感性を、サンプル一つ一つに感じながら、
さあ、マトッテイ独自のバイイングのスタートです!。

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

▼バイイング2日目の最後は、ニナリッチのショーへ。

会場は前回と同じパレロワイヤルですが、更に混雑がエスカレート。

ニナリッチの人気がかなり高まっているからこそです。

ショーは後程動画で報告致しますので、会場の入口付近と会場内の様子をご覧くださいませ。

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

オーナーバイヤー 岩高

パリに到着、バイイング初日

57

夕方無事パリに到着。

▼日本より少し寒いくらいです。

空港からいつもはタクシーでパリまで入りますが、タクシー強盗が頻発していることからバスでオペラに到着。

お陰で、ホテルに着いた時間がウンガロのショーが始まる間!!!

直ぐにショー会場に向かいギリギリセーフ。直ぐにショーが始まりました。

会場はかなり前にガリアーノが華やかなショーを開いた劇場。
シャンデリアの輝く下で、若々しく軽やかな春夏を披露してくれました。

バイイングは4日です。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

▼パリコレ初日はハイダーアッカーマンから。

ショー会場はいつものエッフェル塔横のトロカデロ。

何と!インビテーションチケットがホテルに届かないアクシデント。
招待客の半分ぐらいは届いてないそうです。かなり残念です(>_<)

ショーが始まる前に恒例のエッフェル塔前での記念撮影。

今朝は雨上がりの朝陽に飛行機雲か走り、しっとりした雰囲気でした。

14

15

16

▼ハイダーアッカーマン、コレクションスタート前の会場には世界から続々と沢山のファッションマニアが集まります。

特にハイダーに集まる人たちは、大人でシックなファッションセンスの人達が多いですね。
そして一人一人同じファッションの人はおらず、みな違った個性を発揮しています。
また大人のメンズもお洒落ですよね。

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

▼ハイダーアッカーマン、2017年春夏パリコレ。

いつもの力強いハイダーアッカーマンから、少し優しさが加わった新しいコレクションでした。

美しくたおやか、そして力強くフェミニン、エレガントでセクシー…。

全ての要素をミックスさせた女性たちが、バイオリンの音色が響き渡る中、静かにその歩みを進めます。

ハイダーアッカーマンが、世界の平和と穏やかな日々を願い

祈りを込めたように感じた強さと優しさが溢れるコレクションでした。

バイイングは4日です。

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

▼ハイダーアッカーマンのショーが終わると会場の外はかなりの人だかりです。

そしてハイダーの話題のもうひとつは、いつも独特の個性満載のヘアスタイル。

ショーが終わると、モデル達はそのままのヘアメイクで急いで

次のショー会場に向かう為、お陰でそのヘアスタイルがバッチリ撮れました

54

55

56

オーナーバイヤー 岩高

sacai オーガンジ―スカート×スカーフ付きニット

 img_3783

ずいぶんと涼しくなり少しずつ秋のファッションを楽しめる時期になってきました。

本日はsacaiのメインコレクションによるガーリーなスタイリングをご紹介致します。

img_0087

sacai 16-02855 ニット ¥54,000+税

color:navy・camel

size:1・2

img_0090

▲袖口は丸みがあり少し長めの丈で女性らしいシルエットに仕上がっております。

img_0093

▲バックスタイルはこちら。

首のところは半分襟が付いたようなデザインで

シフォンのスカーフが通るループになっております。

img_0089

▲シフォンを前でリボン結びにすると顔回りが華やかになり明るい印象になります。

そのほかにもスカーフのように首に巻いたり、そのまま垂らしてもおしゃれで

その時の気分やTPOで表情が変えられる楽しいお洋服になります。

img_0104

▲肩やひじにはオーガンジー素材のパッチが大胆についており目を引くデザイン。

透け感があり下のニットが薄っすらと見えるデザインはより女性らしく華奢に魅せてくれます。

img_0103

▲お袖は長めで少しゆったりとしており真冬は中に着こむ事も出来ます。

袖口はリブ編みで伸縮性が優れています。

続いてスカート。

img_0095

sacai 16-02839 スカート ¥88,000+税

color:black・nude

size:1

22-7

▲パリコレクションでもモデルが着用していたスカートです。

実際の商品は中のペチコート長くなっており着易くなっております。

img_0097

▲レースの上にオーガンジーを重ねたエレガントなアイテムに

絞りの付いたデザインがファンの心をくすぐるハイブリッドなデザインです。

img_0096

▲内側についたレースは裾から少し覗いたデザインになっております。

薄手のレースは繊細でとてもエレガントで、オーガンジーの生地からレースが透け浮き出る姿はため息ものです。

img_0107

▲内側のレースはこの様な柄になっております。

sacaiがいつもカーディガンなどに使用している厚手のレースに比べると、薄く繊細なレースです。

img_0106

▲大きめのポケットは透け感があり全体のふんわりとした空気感がフェミニンなスカートです。

img_0099

丈感は膝下と長めの作りですので大人な可愛さになります。

img_0102

▲バックスタイルは中心に向かって丈が長くなり、紐を絞ればギャザーの分量を調整出来、表情豊かに楽しめます。

インナーがしっかりと付いている為安心して履いて頂けます。

これからの季節、ニットやブルゾンなど重量感のあるアイテムの出番が増えてきますが

ボトムスに軽やかさを持たせると全身のバランスが取れたお洒落なスタイリングに仕上がります。

普段使いにはもちろん、結婚式やパーティなどのお呼ばれにも着て頂ける華やかさです。 

お色違いでブラックもございます。

img_9658

img_9668

色によって印象もかなり変わりますので

女性らしい可愛さ満載のガーリースタイルがお好みの方はスキン。

シックに着られたい時にはモノトーンに良く合うブラックがお勧めです。

* * *

s-%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%89%e5%a4%96%e7%9c%8b%e6%9d%bfpop%e5%ae%8c

只今店頭ではユーズド品のコートやファー商品、ストールのフェアを開催しております。

定価だと100万近い高額なミンクのファー等も充実しております。

是非この機会にご覧にいらして下さいませ。

皆様のご来店心よりお待ち致しております。

 

La cham blanc

有島