sacai バンダナ柄スカート×margielaスタイリング

IMG_8916 

今回はsacaiのペイズリー柄スカートと袖フリルカットソーの夏のお洒落スタイリングをご紹介致します。

IMG_8924

▲sacai  16-02567  スカート  ¥134,000+tax → ¥93,800+tax(30%OFF)

在庫:ブラック/ホワイト 各1サイズ

スカートは、今季sacaiで大人気のバンダナ柄とも言われるペイズリー柄で

シースルー部分はオーガンジーにペイズリー柄が刺繍され大変手の込んだデザイン。

IMG_8929

ウエスト部分はグログランリボンのベルトが付いており内側をボタンで留める巻きスカートタイプになっております。

IMG_8930

ウエストサイドにはお花のように生地が集まりボリュームあるデザイン。

プリント生地にはプリーツ加工が施され、角度によりデザインの見え方が変わるデザイン性と存在感に溢れたスカートです。

IMG_8955

IMG_8936

▲sacai  16-02509  カットソー ¥13,000+tax  →  ¥9,100+tax(30%OFF)

在庫:ホワイト/ネイビー 各1サイズ

トップスは同じくsacaiのカットソー。

胸元の開きが深めのUネックがデコルテを綺麗に見せてくれます。

さらに袖と襟元はキュプラの異素材となっており光沢感がお顔回りを明るく見せてくれます。

IMG_8938

▲メゾンマルジェラ スノードームヒールサンダル ¥167,000→¥116,900(30%OFF)

在庫:35H/36

クリアにゴールドのスノードームを思わせるヒールが特徴。

マルジェラ特有の太めの丸ヒールは8cmの高さを感じない 安定感があります。

後ろ、サイドからも抜かりなくお洒落なサンダルで程良い存在感がsacaiとの相性もばっちりです。

IMG_8919 

今回はTシャツでカジュアルダウンしたスタイリングをご紹介致しましたが

結婚式やパーティなど、お呼ばれの際に周りとは差をつけたい時に活躍してくれるお洒落スカートです。

お色違いで白もございますのでよければこちらの記事もご覧下さいませ。

→「sacaiバンダナ柄ホワイトスタイリング」

商品についてのお問い合わせはこちらよりお願い致します。

→お問い合わせフォーム

 

La cham blanc

黒崎

 

パリバイイング最終日 アンドゥムルメステールとルイ・ヴィトン財団美術館

 

20160630_114521

バイイングの最後はメンズコレクションのランウエイに数ルックを一緒に登場させたアンドゥムルメステールのレディースプレコレクションです。

13599782_1083085335107095_5766170478660072179_n

13592683_1083085075107121_6341489192476014142_n

13590358_1083085088440453_1833895526072606429_n

ゆったりしたブラウスは沢山のプリーツを放射状に使い、スタイリングの絞めにはオーバーサイズのライダースのベストを使うなど、独自のスタイリングテクニックが光るコレクションでした。

13620137_1083085211773774_765754351454334974_n

13620266_1083085235107105_1143975112538666991_n

13626550_1083085118440450_8462327247864464976_n

▼特に際立ったのは、極楽鳥のモチーフ。オーバーサイズのレーヨンのブラウスや、透けるコットンリネンのトップスや、カットソー等、カジュアルからエレガントに幅広く用いられ、それらはアンドゥムルメステールらしい羽のモチーフとして羽ばたく鳥のように全てが背中にあしらわれていました。

13615463_1083085258440436_9013479643228348602_n

13606978_1083085275107101_4604364493051920679_n

▼レーヨン素材もあります。カーキ色がやっぱりお勧めですね。

20160629_184330

▼私ももちろん個人オーダーしました。この素材とデザインでしたら通年、羽織にもなるからお勧めです。

IMG_5740

しなやかでいてカジュアル、パンクでいてエレガント。来春夏アンドウムルメステールの世界はまたもやファンの心を釘づけにすることでしょう。しなやかでいてカジュアル、パンクでいてエレガント。来春夏アンドウムルメステールの世界はまたもやファンの心を釘づけにすることでしょう。

 

▼そして、最終日はナイトフライトまでの少し時間で、ルイ・ヴィトン財団美術館に立ち寄りました。ブローニュの森を15分ほど歩くと、巨大な帆船のような建物が見えてきました。オープン当初はクリアな色だったようですが、今回はカラフルな色に変わっていました。

20160630_114521

 

20160630_114415

夜のフライトと兼用のファッションでしたので、社長はクロスのリネンシャツとパンツ、私はハイダーのブルゾンでしたがこの日とても寒くストールが欠かせませんでした。

20160630_114814_001

入り口にはLVのマークが現代風に誇らしげに掲げられていました。

travelmodus-louis-vuitton-paris

昨年10月27日にオープンした美術館は、LVMH グループCEO のベルナール・アルノーBernard Arnaultからの依頼を受け、世界的に著名な建築家であるフランク・ゲーリーFrank Gehryが設計を手がけています。

20160630_122757

パリのブローニュの森内にあるアクリマタシオン庭園Jardin d’acclimatationの一角に位置し、パリの都会を背景に、密かにそして突如存在しています。

館内は財団所蔵のアート作品及びベルナール・アルノー個人のコレクションが常設展示されるほか、年間2回の特別展、音楽イベントなども企画されているようです。今回の展示は中国のアートが対象に展示されていました。 

20160630_122149

20160630_122112

20160630_122000

20160630_133154

▼建物の模型も飾られていました。

20160630_122503

20160630_122522

▼入り組んだ構造の建物の一角にはこんな空間もありました。

20160630_133113

20160630_134320

▼黄色のパネルの裏は鏡になっていました。

20160630_134420

ルイヴィトンの歴史やアーカイブ的なものが見れると思いましたが 意外にも何もありませんでした。展示物も少なかったように思いました。

▼館内のカフェレストランでランチタイム。レストランの天井にはアートな魚が泳いでいるようなオブジェが圧巻でした。

20160630_124057

ランチは3,500円と5,000円ぐらいの2種類で、プレートで一度にで出てきました。お味というよりおしゃれな食器や盛り付けが印象的でした。

20160630_124542

20160630_124554

出口は建物の反対側で森の一角の公園に出ました。皆様もパリの新たな観光名所として話題の美術館にお足を運んでみてくださいませ。現代のルイ・ヴィトンが、過去から未来に向けて世界に何を伝えたいのか、何を発信したいのかを、自分なりに感じれる旅になるかもしれません…。

20160630_142554

さて、日本に帰ってから、ニースやトルコの事件が起こり、今回のパリでは何もなくてよかったとホッとしている反面、パリに行く前には今度は大丈夫かなと常に不安がよぎるのは確かです。そしてファッション業界にいながら、今の平和がいつまで続くのか心配になります。

しかしパリに行って、デザイナーのクリエイティブに触れると、いつも安堵な気持ちになります。デザイナーは自らの志や湧き出る感性をファッションに表現し、商品という形で私に勇気を与えてくれます。

私が不安ながらパリに行くのも、お客様がある意味、こんな時代にファッションを楽しんでいいのかという疑問を抱きながらも、MATTOTTIに来られるのと同じなのかもしれないと思いました。

それでもMATTOTTIに来てくださるのは、MATTOTTIで新しい何かを感じることができるから…、そして何かわからないけど希望に満ちた楽しい気持ちになることで、疑問視している日常の不安が、安堵に変わるからだと思っています。

芥川賞の「コンビニ人間」は、マニュアル化された日々を過ごすことで、自分は社会にきちんと適応していると思って満足しているという、ある意味面白みのない日々を過ごす人たちに焦点を当てて現代人を皮肉った綴りに興味を持ちました。

わたくしバイヤーとして、そのようなマニュアル化された人間にならないよう、常にお客様に希望と刺激を与え続けるバイヤーでありたいと思っています。

そしてMATTOTTIグループ全店が、皆様にとっていつまでも幸福感を味わっていただけるお店であり続けたいと日々努めてまいります。

オーナーバイヤー岩高

USED ”真夏のリゾートアイテム”

梅雨も明けたと思えばすっかり蝉も大合唱でいよいよ夏も本番です。

IMG_9915

本日は、夏本番にお洒落に着られるリゾートアイテムをご紹介致します。

お洒落でいて機能性のあるお洋服もたくさんございますのでご紹介致します。

 

20160722_1505

20160722_6877

▲マルジェラ ブラウス ¥10,000+税(元上代¥110,000)

シースルーの黒地にうっすら浮かび上がるお花柄ベースが大人な雰囲気を放っています。

羽織っていないかのような軽さでシンプルなワンピースなブラウスの上にさらっと羽織るだけでぐんとリゾートファッションに早変わりできる一枚です。

 

20160722_2998

20160722_7732

20160722_382

▲ニナリッチ フラワー柄ブラウス ¥20,000+税(元上代¥250,000くらい)

お袖がフレアで異素材の切り替えになっており、軽い素材感と生地に浮き上がって見える花模様が涼し気な印象です。

前後のフィジカル部分のプリーツがフェミニンなブラウスでウエスト部分にはベルトリボンが付いています。前で結ぶとより可愛らしく、後ろだとすっきりとしたシルエットで着ていただけます。

リボンによりウエストを細く見せてくれる効果と共に、足長効果もあります。

 

20160722_2577

8517

 

▲ジャンバティスタバリ ワンピース ¥60,000+税(元上代¥203,000くらい)

暑い夏にはスタイリングを考えず、さらりと着られて涼しいワンピースが人気です。

元気がでるビタミンカラーの花柄とケープ風な袖が動く度にひらひらとなびくエレガントなワンピースです。

二の腕が気になる方もカーディガンなどの羽織りものなしで1枚で楽しめる優れものです。

20160722_8824

▲ニナリッチ フレアスカート ¥30,000+税(元上代¥144,000)

シフォン素材のAラインが4段階の切り替えになっており、

腰回りの3段は広がらないようなボリュームを押さえられています。

裾がフレアでエアリーな動きがでてフェミニンでエレガントな一点です。

ミルキーなお色にお花の大柄が印象的です。

 

20160722_5832

▲ジャンバティスタバリ ジャケット ¥45,000+税(元上代¥216,000)

20160722_9578

20160722_9994

▲ジャンバティスタバリ スカート ¥35,000+税(元上代¥130,000)

オーガンジーの生地に白糸で刺繍した花柄ジャガードにカラフルなお花や虫たちがプリントしてあるパッと明るく華やかです。

透け感もあり刺繍やプリント模様が浮き上がって見え大変お洒落なアイテムです。

ジャガードと聞くと分厚い、暑い、硬い印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、

こちらのアイテムは軽く、通気性も良い機能性も兼ね備えております。

 

20160722_8567

▲上下合わせるとスーツになりますが、もちろん単品使いでも便利なアイテムで

ジャケットのフロントジップにはゴールドが使用されており、高級感も漂います。

一方スカートには、堅い印象にならないよう裾からは

オーガンジーの布が出て来るデザインが涼し気にも見える夏のタイトスカートです。

20160722_7502

20160722_2224

▲メゾンマルジェラ ワンピース ¥30,000+税(元上代不明)

 

20160722_6559

20160722_5956

▲ドリスヴァンノッテン ストール ¥18,000+税(元上代¥60,000)

ちょっとしたお食事やお出かけの際にペールカラーのスタイリングが落ち着いた大人のスタイリングです。

ストールは透け感があるツルツルとした素材感にドリスならではの刺繍が施されております。

刺繍部分のビーズが光の加減でベージュグレーに光り、マルジェラのベージュのワンピースとの相性も抜群です。

ストールは日焼け防止やクーラーの風よけとして必需品ですがワンランク上のスタイリングにも仕上がるアイテムです。

IMG_9898

▲ジミーチュウ パンプス ¥20,000+税(元上代¥60,000~70,000)

靴は艶感のあるエナメルのベージュのパンプスを合わせてみました。

足元にも明るい色を持ってくることでより涼しげで華やかさを演出してくれます。

20160722_5661

20160722_9943

▲ジャンバティスタバリ ワンピース ¥30,000+税(元上代¥185,000)

パーティーやお食事にも使えるカーキブラウンがシックなエレガントワンピースもございます。

一見タイトな作りに見えますが適度にゆとりもあり生地に多少の厚みがある為体型もカバーしてくれる優れ物。

20160722_4487

▲キャリーオー ネックレス ¥30,000+税(元上代¥82,000)

首が詰まったデザインの物はアクセサリーも合わせ易い点がお勧めです。

こちらのネックレスは元々ブラックベースのストーンが光の反射で黄金色に光りカーキカラーのワンピースにぴったりです。

 

20160722_140

▲ダニエル・スワロフスキー バッグ ¥70,000+税(元上代¥170,000)

ビーズ×チェーンのショルダーバッグ。

小さいながらもしっかり存在感を放ちポケット部分のインナーカラーがモスグリーンで、

ビーズやチェーンの部分は少し燻した様な輝きがございます。

 

IMG_9888

IMG_9890

▲オスカーデラレンタ サンダル ¥60,000+税(元上代¥158,000)

今季の春夏アイテムでありニューヨークのセレブからも人気ブランドの

オスカーデラレンタもユーズドとして入荷いたしました。

クリアのビニール素材に刺繍されたデザインはとても繊細でため息が出るほどです。

ストラップや金具部分の細い華奢なデザインは女性らしさをさらに際立たせてくれます。

ヒールが低めな点が安心で、ヒール部分の内貼りのゴールドでサイドからのアングルでも凝ったデザインとなっています。

IMG_9899

▲ジミーチュウ パンプス ¥20,000+税(元上代¥60,000~70,000)

スーツやドレス、デイリーにもシーンを問わず使えるデザインです。

IMG_9900

▲プラダ サンダル ¥20,000+税(元上代不明)

ヒール部分がコルクウェッジソールエのナメルのオープントゥサンダルはエレガントからガーリーまで幅広くスタイリングを楽しむことのできるアイテムです。

IMG_9882

▲さらにジャストプライスコーナーハイブランドのパンプスやサンダルが並び大変お買い得になっております。

ユーズドに思えない綺麗な状態の商品が多く全て一点物ですので是非お早めにいらして下さいませ。

カジュアルからエレガント、パーティー等で使えるデザインもたくさん揃っております。

夏ユーズドPOP のコピー

 

▲夏のリゾートアイテムも均一価格にて展開しておりますのでこの機会に 是非お越し下さいませ。

また秋物も徐々に入荷してきておりますのでボリュームアップしたユーズドコーナーをお楽しみ下さいませ。

皆様のご来店心よりお待ち致しております。

 

La cham blanc

有島

 

17SS TOKYO BUYING REPORT.no2

M6

前回に引き続き東京バイイングの様子をお伝えいたします。

sacaiの次に向かったのはMM⑥のメインコレクション。

来年でMM⑥が誕生して20年という記念すべき年にちなんで

「20th」や「ANNIV」ロゴのカットソーやパーカーが登場。

IMG_5926

過去のメンズコレクションで発表されたマルジェラのナンバリングリストがバックにプリントされたアイテムなどが多数ありました。

MM6 (2)

01-3

また、「アーカイブ<過去>」と「ハグ&キス」の2つのテーマを掲げ

マルタンマルジェラが創ってきたものを新しいディティールとしてMM⑥で表現し

クラシックとスポーツ、マスキュリンとフェミニンのように相反するものが一つになる様を

異素材の組み合わせやカッティングで表現したコレクションでした。

M5

▼カモフラージュ柄のアイテムが多いのも今回のポイントで

オーバーサイズのジャケットやブルゾン、パンツ、バッグなど様々なアイテムにカモフラージュが用いられていました。

M4

IMG_6060

▼トレンドカラーとなるカーキのニットやブルゾンの肩や袖に布帛のパッチからも

カモフラージュのアーミーなテイストが関連付けられています。

肩を落としてゆるく着るスタイルはメンズライクなシルエットをまとう女性を、より女性らしく見せてくれます。計算し尽くされたデザインはさすがMM⑥だと感じました。

M7

続いてY-3は月島にある山本耀司氏のスタジオも完備された倉庫でありコンクリート打ちっぱなしの空間がY-3のシューズやウェアとマッチした独特な空間でした。

IMG_62011

画像がNGですのでお見せすることが出来ないのが残念ですがレディースではスニーカー1型をオーダーしました。

シャークソールという名の通りソールがサメの歯のようなギザギザの形状が特徴のスニーカーで

この春夏のメッシュスニーカーも驚くほどの軽さとそのスタイリッシュさが大好評でしたが遂に私も来春夏に、Y-3デビューします。

*********

今回もそれぞれのブランドのコンセプトやデザイナーが込めたメッセージを、イメージを展示会の会場、メーカーさんによるプレゼン、そして何より商品1点1点から感じることができました。

これで3度目の東京バイイング同行でしたがいつもわくわくと感動を与えてくれ、その感動をお客様へ伝えたいと思わせてくれます。

各々の商品、アイテムが世に出て誰かの元へと渡るまでのストーリーにはどれだけ多くの人が関わっているのかと思うと本当にファッションの世界は奥が深く面白いと感じます。

詳しくは店頭にてごゆっくりとお話させて頂けたらと思いますのでご来店お待ち致しております。

現在、la cham blancには08sircusとMM6の秋物が入荷し、それに伴いユーズドコーナーにも秋冬アイテムが少しずつ並び始めております。

春夏ファイナルセールも真っ最中です。今すぐ着られるカットソーやリゾートアイテムなどが再マークダウンしさらにお求め安くなっておりますので、普段着られない洋服などもこの機会に是非挑戦されて下さいませ。

皆様のご来店心よりお待ち致しております。

ありがとうございました。

la cham blanc

黒崎

17SS TOKYO BUYING REPORT.no1

梅雨も明け、秋冬商品が店頭に並びはじめ秋の訪れを待ちわびている方も多いかと思います。

ファッションの流れは早いもので、先日来春夏のsacai、MM⑥、Y-3の展示会に行ってきました。

まずは、sacaiの2017SS PRE COLLECTIONのショールームに伺いました。

いつもは真っ白で無機質な空間でしたが、今回は青山の別のショールームで壁や床の木調に温かみを感じる空間での展示会でした。

毎回sacaiのコレクションが発表される度にデザイナー阿部さんの独特の感性に驚かさせているのですが

来年の春夏プレコレクションも端から端まで長いラックにぎっしりと詰まったサンプルの多さにまず圧倒されました。

”テーマと習慣に縛られることなく、愛に満ちた人生をおくるための自由を探索する”コレクション。

▼世界中からインスピレーションを受けた柄はブリティッシュペイズリーとアフガンベルトの組み合わせで色鮮やかな民族柄の刺繍が印象的。

ニットとオーガンジーのコンビネーションはsacai得意の異素材の組み合わせです。

今年の春夏大好評でLa cham blancでもすぐ完売したプリーツキュロットも民族柄で登場しておりました。

この春夏大人気だったペイズリー柄がメキシカンテイストになって登場し

私もこのブリティッシュペイズリー柄に一目惚れしてしまいました。。。

sacai_2017rt_002

▼今回はスポーツウェアからインスピレーションを受けたデザインも多く、

こちらはスキーウェアを模したかぶりのパーカーに刺繍が施されたアイテム。

足元はレインブーツ風ラバーソールブーツで迫力あるスタイリングに。

sacai_2017rt_001

▼裾のフリンジがトレンディ―なデニムのワイドパンツにも、スキーウェアを思わせる配色とシルエットのトップスを合わせ

sacaiが提案するスポーティカジュアルなスタイリングです。

sacai_2017rt_019

▼そしてミリタリーテイストも多く登場し

あえて斜めにつけられたジップに遊び心を感じる、肌寒い春先に着易いオーバーサイズのアウターです。

インナーのワンピースはハイビスカスとパイナップルで

南国をイメージしたブルー×イエローの刺繍レースが鮮やか。

sacai_2017rt_012

▼スポーツジャケットのパネルをMA-1ジャケットに組み合わせたブルゾンにもsacaiの象徴的なシルエットが表れています。

sacai_2017rt_027

▼カラフルなパンチングレースの花柄も真夏に目を惹く華やかさ。

ワンピースやニットの裾からメッシュのインナーをのぞかせる

レイヤードスタイルも今回のコレクションの特徴でした。

sacai_2017rt_024

また今回は、今までsacai luckで定番アイテムとして出ていた

クルミボタンの背中キュプラ切り替えカーディガンやカットソーなども豊富に揃っておりました。

***********

続いてMM⑥ メインコレクションの展示会に向かいました。

その様子は次の記事にてレポート致します。

是非ご覧くださいませ。

la cham blanc

黒崎

パリバイイング3日目 ハイダーアッカーマン

13592308_1080845448664417_2046280106267092470_n

パリバイイング3日目は朝から雨ですが、昨年に比べかなり涼しく過ごしやすい日が続いていました。

期待のハイダーアッカーマンの春夏プレコレクション。ショールームは先日パリコレクションを大好評で終えたメンズサンプルが色鮮やかに並んでいました。

レディースはその反対側に2ラックほどの展開です。テーマはメンズと同じで「アジアのパンク」。ミャンマーの若い友人たちがパンクにはまっていて、その若さのパワー、エネルギーに圧倒され、それをデザインに表現したというパンチあるコレクションでした。

前シーズンからデザイナーの意向で画像NGですのでショールームのラックに並ぶサンプルのカラーでコレクションのメージをご覧頂ければと思います。

13529264_1080845465331082_7821305259084930388_n

▼パリは寒いと聞いていたので、私も先日入荷したばかりの2016年秋冬プレコレクションのハイダーアッカーマン一のスウェットブルゾンを購入して着てきました。色はカーキとブラックの2色で、どちらの色を買うかとても悩みましたが、黒のアイテムが多いのでカーキにしました。

素材はスウェットですので飛行機の中でもお洒落でいてそしてとても楽でした。 パリの空港に着いたらもう既にお洒落が始まってますからね..。

13532862_1080845481997747_6423928734213918220_n

▼そして、ショールームの外でスタイリングの撮影をしました。

13557769_1080857788663183_7495487863357939138_n

今回のスタイリングもドロームのレザーを合わせました。パリにはたくさんお洋服を持っていきたいのですが、できるだけスタイリングの幅を広げられるアイテムが必要なのでレザースカートがとても重宝しました。

13516437_1080857805329848_4529443245556790085_n

ブルゾンは、肩から袖にかけてはコットンのスウェット素材で、前身頃と袖下は布帛の切り替えのデザインになっています。暖かさと軽さを備えているので、季節の変わり目に是非ともお勧めです。

13537680_1080857835329845_228880634317462291_n

後ろもスウェットと布帛の切り替えがお洒落です。(光の角度により少し明るく写っています。)ハードなMA1が今はスタイリングに欠かせない中、こちらブルゾンは柔らかい雰囲気がエレガントでもあります。

13516715_1080857865329842_2688249428483866153_n

足元はドリスのサンダルに黒のミニソックスを合わせてカジュアルにしてみました。いつもは黒のパンストでエレガントな足元を心掛けてますが、パリバイイングでは歩き回るので、ソックスだと歩きやすく全く疲れませんでした。秋口にはこんな足元の見せ方も参考にしてみてください。

13438819_1080857888663173_7842111612896818351_n

 

▼MATTOTTIのメインディスプレイも秋冬ハイダーアッカーマンのプレコレクションが登場です。

IMG_6228

▼私の買ったカーキの色違いのブラックのスタイリングは、ブルゾンと同素材のスエットパンツにしました。ベロアのボルドーカラーの側章が、レナードプランクの帽子とグイディのブーツとぴったりです。

IMG_6229

秋冬ハイダーアッカーマン ブルゾン 税込¥140,400

秋冬ハイダーアッカーマン スエットパンツ 税込¥102,600

秋冬メゾンマルジェラ シルクブラウス 税込¥86,400

秋冬レナードプランク ラパンベロアハット 税込¥38,880

グイディ センタージップブーツ 税込¥206,280

IMG_6230

IMG_6231

▼色違いでカーキもございます。側章はベロアの黒なので、きりっとしたジャケットで合わせます。

IMG_6205

IMG_6208

▼私も色違いのブラックのブルゾンを、秋冬のアンドウムルメステールのショートパンツ(前から見るとスカート)をスタイリングしてみました。ハイダーアッカーマンとアンドウムルメステールのスタイリングは初秋にぴったりです。

IMG_5808

 秋冬ハイダーアッカーマン ブルゾン 税込¥ブラックは¥140,400

秋冬アンドウムルメステール ショートパンツ(スカート)税込¥72,360

秋冬メゾンマルジェラ ショートブーツ 税込¥122,040

初秋を楽しめるハイダーアッカーマンのプレコレクションを皆様お一人お一人に似合うスタイリングでアドヴァイスをさせていただきます。

ご来店楽しみにお待ちしております。

オーナーバイヤー岩高

sacai denim style

IMG_8887

本日より2016spring&summer FINAL SALE STARTいたしました!

2016sssmoresale

しとしとと雨が降り少し肌寒い梅雨の季節に丁度良いコーディネートをご紹介いたします。

こちらのsacaiのウエスタンシャツは、デニム素材とストライプのシャツ地のコンビネーションで

カジュアルなシャツの中に女性らしさを感じるアイテムです。 

sacai  ウエスタンシャツ size1/2 ¥46,000→¥27,600+tax (40%OFF)

IMG_8890

▼ぺプラム部分もデニム素材となっておりバックスタイルも抜かりないデザイン。細身のパンツとの相性はばっちりです。

IMG_8893

IMG_8897

▼ホワイトカラーで施された胸元のクレッシェンドポケットとパイピングラインが効いています。

IMG_8895

▼足元は目を引く赤のスニーカー(Y-3)で合わせこなれ感を演出。

メッシュ素材を使用しているため驚くほどの軽さで軽快に歩くことができます。

IMG_8903

Y-3 スニーカー RED sizeS  ¥33,000→¥23,100+tax (30%OFF)

(sizeSで約23~24cm)

IMG_8907

▼夏の厳しい日差しにはREINHARD PLANKのストローハットが必須アイテム。

ネイビー×ブラックの織り交じったダークな色合いと天然草の軽い素材は

通気性に長けており、夏にぜひ被って頂きたい帽子でございます。 

IMG_8912

IMG_8911

REINHARD PLANK ハット navy×black/white×black/black×gold ¥29,800+tax

 IMG_8887

 

その他2016春夏セールアイテムはHPからもご覧頂けます。

2016sssmoresale

2016-17秋冬商品も徐々に入荷してきておりますのでこちらもぜひ合わせてご覧くださいませ。

top-16awhpup

 

商品についてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

→お問い合わせフォーム

 

La cham blanc

黒崎

08sircusスタイル

IMG_6567

梅雨の時期ですが、厳しい暑さを感じるようになってきました。

ジメジメと蒸し暑い日が多いので、皆様お身体ご自愛くださいませ。

今回のBLOGでは初夏らしい08sircusのスタイリングをご紹介致します。

IMG_6582

08sircus ノースリーブブラウス 1サイズ ¥40,000+税  ⇒¥28,000+税 30%OFF

ホワイトベースにブラックとレッドのラインがとても素敵なブラウスで、シルク混のさらっとした素材感なのでこの蒸し暑い時期には過ごし易いアイテムとなります。

IMG_6585

バックスタイルは少しボリューム感が出るようになっております。

IMG_6570

同じ柄のスカートと合わせて頂きますとワンピースのような雰囲気でご使用頂けます。

IMG_6593

08sircusu スカート 1サイズ ¥42,000+税 ⇒29,400+税 30%OFF

画像では少しわかりにくいですが、アシンメトリーのシルエットとなっております。

IMG_6575

MM⑥ 巾着バッグ 306カラー ¥51,000+税 ⇒¥35,700+税 30%OFF

IMG_6577

小ぶりなシンプルなバッグですが、サイド部分にポケットもついており、機能的にも使い易いバッグになります。

他にもベージュ、グリーンのお取扱いもございます。

IMG_6579

MM⑥ タンバリンブレスレット ¥28,000+税 ⇒¥19,600+税 30%OFF

今シーズン音楽関係のアイテムが多いMM⑥ですが、こちらのブレスレットはタンバリンのモチーフになり、ちゃんと音も鳴るようになっております。

肌の露出が多くなる夏場にアクセサリー類でお洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか。

小物類など夏場に活躍出来るアイテムも多数取り揃えておりますので、是非見にいらして下さいませ。

 

スタッフ一同、心よりお待ち致しております。

La cham blanc 入江

 

スタッフ募集NEW(白)

MATTOTTI・La cham blancでは、スタッフ募集をいたします。

詳しくはとらばーゆに掲載しております。

http://toranet.jp/t/r/T103040s.jsp?rqmtId=42606173&SET=03&ST=P16&ecd=03&__u=14631296314652404130619620172882

ご希望の方は各店へ履歴書をお送り下さい。

<レディース>

■「MATTOTTI」「MATTOTTI SERATA」
神戸市中央区山本通1-7-11 Demain 1F TEL:078‐232-3963

■「La cham blanc」
神戸市中央区北野町2-7-18 Rins Gallery 1F TEL:078-230-2633

 

 

 

2017年春夏 パリバイイング(2日目)vol.2

32

▼メゾンマルジェラは、2017年春夏からアバンプルミエールがプレコレクションと一体となり、
この後10月に行われるパリコレと、オートクチュール(アーティザナル)の3つの流れで構成されていきます。

33

34

▲今回のプレコレクションは、オーセンティックにガリアーノの才能が加えられ非凡で破壊的ながらも、
ユーティーイタリアン(日常に着れる)に溢れた素晴らしいコレクションでした。
特にキャメル寄りのブラウンをベースにした、ブラウスやパンツ、ニットは、
ニュートラルな日常着として直ぐに取り入れられるアイテムです。

静かでトラディショナルなメゾンマルジェラは、
ガリアーノのキャリア溢れる才能によって、さらに美しく進化し続けています。

*ショールームの画像はNGなので、ここでは公式に公開されている画像のみご紹介いたします。

▼08サーカスは、ポンピドゥセンターの近くに広々としたショールームを構えていました。

35

36

37

38

2017年春夏コレクションは、カラー、ディティール共に、バリエーション豊富なアイテムが揃いました。

得意の上質な質感の緩やかなカットソーも沢山登場しました。
また、新素材のプリーツスカートや、変形スカート、ワーク風のパンツ等、ボトムもお勧めです。

ブランドのHPに、スタイリングがアップされてましたのでご覧くださいませ。

https://www.facebook.com/08sircus/?fref=nf

▼どのシーンを見ても絵になるお洒落なパリです。
テロの追悼のリパブリック広場には今もなお沢山の献花がたむけられていました。
歩きながら、そして、メトロに乗りながらのさりげなくお洒落なパリの街をご紹介します

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

4

50

51

52

53

54

55

56

1

2

3

オーナーバイヤー岩高

2017年春夏 パリバイイング(2日目)

バイイング2日目。

▼ギョームアンリの表現する魅惑の女性像ニナリッチウーマンは、
シーズンごとにその魅力を増していています。

2017年春夏は「アフリカ」をテーマに、
エネルギッシュでダイナミックな輝く女性を提案しました。

マリ共和国のバマコや、コンゴ共和国のブラザウィルの最上級の宝石やエキゾティックなスパイス、
深紅色やブーゲンビリアのような色合い、深い紫をミックスしたようなエキセントリックなブルーやオークルな色が、
ニナリッチに、強さとセクシーさと神秘的な魅力を引き出しました。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

▼また新しいバック「kuti」が登場しました。
パリの休日に恋人と会うためのとても可愛い素敵なバックです。
もちろん、イゾリアバックもマトッティでは春夏からスタートします。

10

▲セーヌ川沿いの大理石のテラスを細いウェッジヒールでさっそうと歩く姿に憧れる女性は皆ニナリッチウーマンになれるのです。

▼2017年春夏、エマニュエルウンガロ。

目の覚めるような鮮やかなブルーやグリーン、真夏の日差しに向かう大輪の花々のプリントは、
灼熱の夏の夢のような美しさを放ちます。

それらの色柄をさらに引き立てるのがプリーツ加工。プリーツは、
ブラウスはもちろんスカートの一部にデザインされることで、
さらにお洒落やワンピース等沢山のアイテムにお洒落なデザインに仕上げられています。

また、シースルーのウンドパーカーをスタイリングに取り入れることで、
スポーツテイストも加味され、より軽やかなコレクションに仕上がりました。

11

12

13

14

15

16

▼ショールームも素敵です。

17

18

19

▼モンテーニュ通りのウンガロのショールームを出ると、エッフェル塔が目の前に大きく広がります。

次のバイイングはメゾンマルジェラ。
メゾンマルジェラの新しいショールームはここから歩いて行ける距離です。

20

▼エッフェル塔を身近に眺めながら歩いてると、お洒落なケーキ屋さんを発見。
ウインドウはシンプルでアートなケーキが並び思わず立ち止まりました。
ここ「ラ・パティスリーシリル・リニャック」は、お洒落なパン屋さんですが、最近ケーキが有名みたいです。

パリではフィガロに載ってる話題のレストランやケーキ屋さんも沢山あるけど、
バイイングスケジュールが詰まってて、そんなお店には殆ど行ったことがないのですが、
パリの街を歩いて、名店に出くわすラッキーもあるんですね。

21

22

23

24

25

▼HPで見つけたお洒落でアートなケーキの画像もご紹介しておきますね。

26

27

28

29

30

オーナーバイヤー岩高