カテゴリー別アーカイブ: BUYING BLOG

2018春夏 sacai バイイング報告

 

5

▼早朝の東京は、小雨で神戸より少し寒いお天気。

先々週パリで大好評を得たサカイの展示会に来ています。

2018年春夏プレスリリースで、

「sacaiの本質、最も純粋にフェミニンな表現を再発見するコレクション」

と表明されているとおり、

フェミニティを新たに追求し、新しい見え方に挑戦したコレクションでした。

勿論仕入れ予算は大幅にオーバーしてます(*≧∀≦)

ショールームの画像は一切NGですので、チロルチョコと、青山のショップウインドウをご覧ください。

1

2

3

4

 

▼ラシャンブランでオーダーしたルックをご紹介します。

sac_lb_ss18_002

sac_lb_ss18_005

sac_lb_ss18_007

sac_lb_ss18_008

sac_lb_ss18_011

sac_lb_ss18_012

 

▼アマゾンジャパンが主催の「アット トウキョウ 」で、

10月20日にサカイとアンダーカバーの合同のショーが行われる予定です。

サカイはパリでショーを行っていますが、国内では初のショーとなります。

またアンダーカバーとのコラボですから尚更貴重なショーイベントです。
今回は見ることができませんが、益々サカイの飛躍に期待大ですね。

56

7

8

 

▼東京も雨はすっかり上がりました。

青山のニコライバーグマンは、ハロウィーン前で、大小色とりどりのかぼちゃがお洒落にお出迎えです。

9

10

11

12

 

オーナーバイヤー岩高

 

2018年パリコレバイイング報告 Vol.5

  

28

▼ドリスヴァンノッテンは、ピカソの「バスルームの女性達」がテーマ。

先シーズンのメンズライクなオーバーサイズから一転、ヌーディーカラーがフェミニンな女性らしさに変わります。

コラージュしたペーパーや、スカーフを貼り付けたジャケットやスカート。

スタイリングを更にきらびやかに女性らしく魅せるキラキラしたビジューのブローチ。

1920年代のアール・デコから1980年代までの装飾スタイルを描く様々なプリント。

ピカソ、ピナ・バウシュ、ティナ・バーニー、スリム・アーロンズ、

トニー・ドウケット達からの贅沢な感性をドリス独自の解釈で見事に表現されています。

1

2

3

4

5

6

7

▼オリビエティスケンス、2018年春夏パリコレ。
「She walks in beauty」
「美しさの中を歩く女性」

黒は漆黒の潤いを秘め、白はより白く、赤は花のようなピュアな赤。


そして、繊細なレース使いの柔らかいシルクのドレスは、

常にロックテイストを、シグネチャーフックやアーミーブーツで着こなします。
そして、カジュアルなウオッシュドコットンは、ほんの少し淡いピンクでフェミニンなロックスタイルを楽しみます。

秋冬のデビューから、さらに進化したティスケンスの春夏に期待が膨らむばかりです。

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

▼オリビエティスケンスの2018年春夏パリコレのテーマ

「She walks in beauty」=「美しさの中を歩く女性」と題したティスケンス初の本が完成しました。

ロシャス、ニナリッチ、セオリーで着実にキャリアを積んだ彼の今までの足跡を回顧した本となります。

来年にはベルギーのMOMUで彼の初の回顧展が開催される予定です。

現代のアイディアソースをアーカイブから焼直したブランドとはまた違った独自のファッション感性と、

これからの時代を担う可能性を秘めた彼の一途な生き方を感じて欲しいと思います。

20

21

▼今日のメンズスタイリング。
クロスの秋冬新作のニューラインは、生地にニュアンスのあるジャケット。

カジュアルな側章入りのパンツは元キャロルクリスチャンポエルワークのデザイナー、ディプティ。

革靴はコードヴァンで製品染めの定番品、キャロルクリスチャンポエル。

22

23

24

▼今日はオリビエティスケンスのバイイングということもあり、同ブランドのグリーンのスカートでスタイリングしました。

マトッティでは9月にオリビエティスケンスのデビューコレクションを行ったばかりで、

さすがお洒落な皆様はこのパリ最新のティスケンスを選ばれています。

このスカートは、シルクタフタ素材しか出せない深くそして艶やかで上品なグリーンの色に牽かれ、

裾にかけての独自のアウトラインがお洒落のニュアンスを出してくれます。

25

26

27

今までは黒のタイトが主流でしたがこの秋はこのスカートでバラエティーあるスタイリングを楽しみたいと思います。

オーナーバイヤー岩高

2018年パリコレバイイング報告 Vol.4

103

▼朝は中庭を望みながらの朝食。

パリの楽しみの一つはフランスパン。パリに初めて来た時その美味しさにはまりました。

バイイングではお昼も中々とれないので朝はたくさん食べますね。

87

88

89

90

91

▼too good 2018年春夏コレクションは「日常に使うものをセレブレーションする」がテーマ。

日常に使うテーブルクロス→細いストライプの天然素材のシャツやパンツ
モップ→モップで書いたようなハンドペイントのジャケットやコート
歯磨き粉→歯ブラシで描いたようなゆるく太いストライプのシャツやパンツ

そしてカラーも、日常にあるミルク色、バター色、フレッシュミント色味がとても爽やかです。

また、新しくデニムが登場。生地、工場も全てイギリス性にこだわりました。

デザイナーの自然体から涌き出るインスピレーションはいつもリラックスした心地よい作品を産み出しています。

93

94

95

96

97

98

99

100

101

102

▼アンドゥムルメステール春夏は、シンガーソングライター、パティ・スミスのスタイルと

カメラマン、メープルソープの二人からの影響を受けたコレクション。

勇ましい仕立ては、rock’n’rollテイストを押し、ブランドロゴのAnn Demeumeesterのシグニチャーの黒白は、ライダース、ビッグシャツ、トップス等のアイテムに独自の配置で表現されています。
「Foever 2 Kids」プリンとはパティ・スミスの伝記、Just Kidsを意味しています。

彼とメープルソープの二元性的な想像力と関係性がコレクションの中で、ボーイッシュなアイテムとそれらの微妙なバランスで組まれたスタイリングを魅力的に作り出しています。

春夏コレクションは、そんな二人の大胆で好色的で自由奔放な世界を是非共感下さい。

103

104

105

106

107

108

109

110

111

オーナーバイヤー岩高

2018年パリコレバイイング報告 Vol.3

  20171002_105748

▼2018年春夏サカイ、パリコレはシャンゼリゼのグランパレで行われます。

少し早めに会場に到着し世界のお洒落スナップ撮影に備えます。

エビアンのミニボトルも配布されてました。

42

44

43

▼ファッションスナップスタートです。

サカイのショーを見るために世界から続々とファッションマニアが集まってきます。

しかし誰一人と同じスタイリングの人はいませんね。これぞお洒落の定義と感じます。

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

60

61

62

63

64

65

66

67

68

▼サカイ2018年春夏。

異なるテイストと素材を組み合わせて、サカイ流のミックススタイルを提案。

昨シーズンと比べると柔らかな印象で、ティアードドレス、フレアスカートといったフェミニンなピースが多く展開されていました。

特に目立ったのは、洋服を巻き付ける手法。

ナイロンジャケットやチェック柄ジャケットのアーム部分を結んで、

リボンのように胸元に巻き付けるたり、洋服をくちゃくちゃとしてバックスタイルにのせたりしたデザイン。

パリコレでは期待通り勢いのあるコレクションを魅せてくれました。

69

70

71

72

73

74

75

76

77

▼サカイのコレクション会場で、福島のセレクトショップのオーナーにお会いできました。

パリでもその存在感のある姿をいつも尊敬しております。

78

79

▼今日のスタイリングは、ニナリッチのブラウスに、ザロウのレギンスパンツ。

ブラウスは大きく膨らんだ袖と、ウエスト部分のレースがポイントです。

レースが目立つようインナーに黒を合わせました。

裾の中央にスリット入りのレギンスパンツはストレッチ素材でとっても履きやすくこの秋のお気に入りです。

バッグはランバンのミニショルダー。靴はランバンのスリッポンで歩きやすいスタイルにしました。

80

81

82

83

▼今日のメンズは全てクロスでスタイリング。

渋いカラーのロングシャツジャケットは表面がコーデュロイのような風合いです。

インナーは白のミディアムジャージで明るくポイントをつけました。

ボトムは裾が太めの8ポケットパンツ。靴はバックスキンのライダーブーツの黒で締めました。

バングルはレザーとシルバーのコンビネーションがお洒落なワークスタットです。

84

85

86

 

オーナーバイヤー岩高

2018年パリコレバイイング報告 Vol.2

40

▼ニナリッチ、パリコレ。
アーミーをテーマにそれを深く掘り下げたコレクション。

フランス軍隊は危険で過酷、それを見事終えるとフランス国籍を貰えるという事に挑戦するニナリッチガール。

ロシア帝国やドンキホーテをイメージし灼熱の太陽が照らす砂漠の熱波を浴びた原色が色褪せたスモーキーなcolorがそれを表現しています。

ギョームアンリの卓越した感性を感じながら、いよいよバイイングスタートします。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

▼ニナリッチのオーダー終了後は、下のフロアのショップへ。

ウインドウは2017年秋冬コレクションが華やかにディスプレイされていました。

12

13

14

15

▼ランバンの新デザイナー、オリビエ・ラピドスによるファーストコレクション。

ファッション市場は今ストリートの傾向が強まっている中、

彼は反対に、パリ最古のクチュールメゾン、ランバンへのオマージュを忠実に表現し、

ジャンヌランバンの原画を焼き直し、アーカイブを彼の独自の感性でモダンに甦らせました。

生地もしなやかで高品質な生地を使い、LANVINのロゴプリントも若々しさを感じさせます。

デザイナーが変わってもやっぱりランバンは大好きです。

16

17

18

19

20

21

▼オスカー・デ・ラレンタ春夏。
新デザイナーのローラ・キムとフェルナンド・ガルシアは、

オスカーの元でキャリアを積んだことで、

創始者に敬意を払いオマージュを込めたコレクションを披露しました。

それは、新たにロゴを少しだけ変えたことからもその意欲が伝わってきます。

オスカーが好きだったという花を使ったプリント、

絵の具の筆を振って付けたようなスクラッシュペイントのシャツやドレス、

新しいロゴをそのままドレスに使ったデザインはとても斬新です。

カラーも、ピンク、レッド、イエロー等オスカーデラレンタらしい、

女性だったら誰でも憧れる、溜め息の出る程美しいコレクションでした。

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

オーナーバイヤー

2018年パリコレバイイング報告 Vol.1

20171001_182519

▼夕方、パリホテル到着。

と同時にサカイのポップアップショップ”Jardan sacai”を一目見るため急いでコレットへ。

8

▼相変わらず凄い人で混雑。

32

31

2階に上がるとフロアー全てがサカイワールド!

“Jardan sacai”は、パリの庭園にインスパイアされた空間に、

生垣のトロンプルイユのパテーションが設置されていました。

トルソーは全てサカイ。

そして、沢山のブランドとのダブルネーム商品で埋め尽くされていました。

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

▼老舗和菓子とらやのお菓子や、家電ブランドバルミユーダを使ったフード、キッズも3年ぶりに登場。

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 

 

33

34

35

36

そして日本のKIYOSKも出現!

37

コレットは12月20日で閉店を迎えますが、

その最後を締めくくるコレットのプロジェクトに参加出来たことは素晴らしい事だと思います。

今日までサカイ、明後日からトムブラウン、シャネル、そして最後はサンローランで締めくくられます。

▼今回のホテルは9区のCADET。

1

▼入口とロビーはお花が一杯で、壁紙とお部屋のアメニティが飾られた可愛いフロントです。

バイイング初日。

ランバンのブルゾンコートが小雨で肌寒い今日の天候に丁度良い感じです。

少し華やかさを出すためにファーの襟巻きも持ってきました。

2

3

4

5

6 7

オーナーバイヤー岩高

2018春夏 sacaiプレコレクションとMM⑥メインコレクション報告(東京)

15

▼2018年春夏サカイプレコレクションは東京南青山のサカイのショールームで行われました。
おもてなしは、いつもの煎れたてのTORIBAコーヒーとサカイコラボのチロルチョコです。🍫

1

▼コンセプトは、「クリエイターの意図と受けとる側の解釈のバランスを探る」。

コンセプチュアルアーティストのローレンス・ワイナーのタイポグラフィーをデザインしたTシャツは、

サカイの人気のシャープでフェミニンなワードローブをカッコ良くスタイリングしてくれます。
また、得意の裾のペプラムをトップスやコートの袖口に付けてみたりとユニークなアイディアも沢山登場しています。


来春夏も、ベテラン阿部氏の技ありアイテムにより、オーダーもついつい、さくさくと沢山入ってしまいました(^_^;)

★画像はNGですが、先月パリのサカイメンズコレクションに、レディースも発表されていましたのでご覧くださいませ。

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

▼サカイの展示会の後は、日帰りのため、表参道地下鉄駅までブランドショップのウインドウを駆け足で巡ります。

サカイドルガバマーク・ジェイコブスオフホワイトドリスヴァンノッテン

ピエールアルディラブレスプラダステラマッカートニーモンクレール

ビューティフルピープルアディションアデライデキツネカフェスーパーAマーケット。

これで精一杯、汗だくです👕💦

唯一店内を見れたのは、サカイとドリス。

サカイはセール品は無く全て秋冬物が展開、ドリスはセールと秋冬物が半々でした。

先月は話題の銀座を見て回りましたが、やはり南青山の路面店こそ、ブランド其々の世界観が感じられますね。

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

▼東京展示会ラストはMM6。

プレコレクションは既に先月終えて今回はパリコレを前倒しで

いつものマルジェラ恵比寿のショップの上階で行われました。
テーマは「it’s all about shirting」。ズバリ「全てシャツ」です。

メゾンマルジェラの原点であるメンズライクな、ワーク、ミリタリーが、

深くシャツアイテムに組み込まれています。

もちろん定番のトップス、コート、ワンピースにもそのテイストは活かされ、

少し大人の雰囲気を感じさせる春夏MM6です。

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

 

オーナーバイヤー 岩高

2018春夏 MM⑥プレコレクション報告(東京)

21

 

▼2018年春夏バイイング始まりました。スタートはMM6から。
テーマは『インティュイティブ』。

直感的なセンスを感じさせるコレクションです。

スリットを入れたり丈の長さが前後違ったり、

自分で着こなす、自分で作るスタイリングが楽めるアイテムや、

ドラゴンフルーツカラーのコートは3Dのシルエット、

ウエストのエンベロップの金具はソフトでエレガントなシルエットを作ります。

オーバーサイズのシャツやコートも襟を抜いて着こなします。

スニーカーの新型も登場し、スポーティーで軽やかな世界を見せてくれました。

(写真はNGなのでショールームの素敵な色合いのお花を🌻

1

▼先月ラシャンブランのポップアップイベントで大好評だったユナイテッドヌードの青山のショップへ。

今日定休日とは知らずに訪れると青田代表自らお店を開けて待っててくれました。

ありがとうございました💚
お店は青山の閑静な一等地にデザイナーのセンスが溢れる広々とした内装とレイアウト。

アートな洋書も飾られ青田氏のセンスとおもてなしの心も感じられます。

また一角にフレグランスが置かれ店内はとても心地いい空間でした。

また引き続き秋冬もラシャンブランでポップアップを予定しておりますので是非ご期待くださいませ。
尚、今月末までG6でポップアップショップを展開中です。

今から私も行ってきます🎵

2

3

4

5

6

7

▼話題のGSIXへ到着!
と、思いきや人だかり!!!流石、銀座GSIXだと思っていたら

何とその真ん前の表札の上に猫が気持ち良さそうに座ってる!!!

こんなに人通りも車も多い処で悠々と眠たそうにしてました。

飼い猫か?野良猫か?、周囲の知らない人達同士でも自然と笑顔で会話が弾むから、

猫ってやっぱり魅力的なんですね

8

9

10

11

12

13

▼GSIXを入ると中央の吹き抜けに草間彌生のオブジェが日本の美を魅せます。

そして、壁面には2フロアに渡り映像の滝が流れ建物の中居ながらどこかに自然を感じさせます。
そしてここに選ばれたラグジュアリーブランドのショップは、どこも内装やインテリアを刷新しています。

今やファッションとインテリアは欠かせない重要な要素になってきていると言えます。
マトッティのセレクトブランドのマルタンマルジェラとMM6も今までのイメージとは違うショップを表現していました。
ユナイテッドヌードは、銀座の街並みを表現したモダンな演出がカラフルでモードなシューズをより引き立てていました。

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

▼話題の蔦谷書店は6階です。天井の高さを生かした書棚と、深く広がる通路はまるで美術館のよう。

ここにも和テイストの盆栽が緑と自然を感じさせます。
そして蔦谷と言えばスターバックス。20人ぐらいは並んでました。

そして奥のSTARBUCKSのリザーブBARも新しい提案です。
14階の最上階は都会のオアシス。

サラリーマンからご年配の方までリラックスしてる姿が何かほっこりしてました。

今日は東京もお天気が良かったのでスカイツリーも見えました。
何かと話題のGSIXは、今後の百貨店復活の起爆像になっていくのか目が放せませんね。

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

 

オーナーバイヤー 岩高

 

 

2017年秋冬 パリコレバイイング4日目

 

1

2017年秋冬パリコレ。

▼サカイのショーは大雨の中のでの開催です。

2

▼会場内はブルーに照らされた空間で、四角柱のミラーの椅子がくねくねと並べられ奥へと続きます。

 3

4

5

▼今回の日本からのゲストはファッションモデルの森星。

颯爽と全身サカイを着てカメラマンのフラッシュを浴びていました。

森星さんは、実物とても綺麗でスタイル抜群でした。

6

7

8

9

▼2017年秋冬サカイパリコレは、今までの集大成のような躍動感ある勢いのあるコレクションでした。

パッチワーク、トレンチコート、アーミー、モッズコート、ダウン、ファー使い、シャツのコンビネゾン…と、

これまでの得意のアイテムをさらに手を加え、迫力あるサカイスタイルが全開です。

特に目立ったのは、あらゆるアイテムにランダムに配されたジップ。

特にファーコートの背中の中央縦にぱっくりと大きく開いたジップは大胆さを通り越し驚くパフォーマンスと感じました。

ショーの後半には、ゴーグル風のアイウェアが登場し迫力あるスタイリングに更なる追い討ちをかける。

モデルのウォークも今回は特に大振りで、サカイのハイブリット感をさらに盛り上げていました。

デザイナーの破天荒とも言える特化した才能を改めて感じたコレクションでした。

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

▼パリモンテーニュ通りのニナリッチは、この春トレンドのストライプが目を惹くウインドウです。

2階のショールームに上がる途中にデザイナーのギョームアンリが先日のパリコレを終えてホッとした様子で一服していました。

軽く挨拶して展示会場へ。

まず目に入ってきたのは、画家マリー・ローランサンが得意とする

パステルカラーを巧みに使って描かれた女性の顔のプリントです。

力強いけど、どことなく儚く物悲しい面も持ち合わせるという現代のパリ女性を表現出来るのは、

卓越したギョームアンリの持つ美意識の高さからなのでしょう。

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

▼ニナリッチのバイイングを終え、シャンゼリゼ通を南に下ると、

グッチ、クリスチャン・ディオール、セリーヌ、ルイ・ヴィトン、ヴァレンチノなどの

高級ブランドショップがずらりと軒を並べます。

その中程、最高級ホテルのプラザ・アテネの前はまるでモーターショーのよう。

豪華な高級車にうっとり。

44

45

46

47

48

49

オーナーバイヤー岩高

2017年秋冬 パリコレバイイング3日目

1

2017年秋冬ドリスヴァンノッテンは、今回でパリコレ100回記念を迎え、

過去のコレクションを振り返り、今までのプリントを復活させ、

その生地の上に新しいものを載せるという手法で、

未来に向け発信するドリスの意気込みを魅せたショーでした。

それに伴い過去往年のファッションモデルがランウエイに登場。

ドリス氏の発想の豊かさに感動したコレクションでした。

2

3

4

▲デザイナー、ドリスヴァンノッテン氏

5

6

7

8

9

10

11

バイイングは殆ど地下鉄かひたすら歩きで移動します。

今回は携帯の傘も壊れる程天気の悪いパリですが、今日は少し晴れ間がでました。

いつも通るマレ地区の公園でほんの少し休憩です。

12

13

▼パリに来る前からこの春こそ白のスニーカーが欲しい!と思っいて、

MM6のダブルソールのスニーカーを買う予定にしていたら出発前日に売れてしまいました(;_;)。

(というか気に入ってくださったお客様にお勧め致しました)
マレ地区のレクレルールはパリに来たら必ず立ち寄るセレクトショップ。

そこで何と超かっこいいイタリア製の白のレザースニーカー!

Oxs Rubber Soul (オー・エックス・エス・ラバーソール)をみつけてしまいました。

特に気に入ったのは、ソールがラバーで、レザーとラバーの継ぎ目がないデザイン。

早速明日から履きたいけどこの雨では出番あるのかしらね…。

14

15

▼パリコレビッグニュースです!

オリヴィエ・ティスキンスが自身のコレクションをスタートすることなりました。

今から約12年前、ロシャスのアーティスティックディレクターとして鮮烈なデビューを果たしてから、

その後ニナリッチのデザイナーに抜擢され、

その卓越した抜群のセンスと繊細なデザインは瞬く間にマトッティの顧客様を虜にしたものです。

2017年秋冬はリヨン駅の神秘的なレストランLe Train blueでコレクションが披露されました。

『暗闇が現代のブルジョワジー達の自尊心をもて遊ぶ…』

これまでのティスケンスの軌跡と記憶を辿るかのように

何世紀にも続くヨーロッパの技術を寄り合わせて新たなテクスチャーとシルエットを創造しています。

セオリーのグローバル・アーティスティック・ディレクターとして更にキャリアと実績を積んだティスケンスは、

辞任後2年の準備期間を経て満を持してこのコレクションをスタートさせたのです。

マレ地区の閉鎖されたショールームでその作品は一本の長いラックにサンプルが並べられていました。

マトッティから姿を消して約10年ぶりの

ティスケンスの新しい世界に出逢えた瞬間は涙が溢れそうになりました。

バイヤーとして、こんなに懐かしく、

愛らしく思えるブランドはティスケンスだけかもしれません。

再びマトッティのトルソーが、

彼の作品に飾られるのを今から心待に待ちにしているのは私だけではなく、

彼の作品を纏ってきた女性だったらきっと誰でもそう思うに違いありません。

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

▼オリヴィエ・ティスキンスの秋冬コレクションを無事オーダーした後は、

パレロワイヤルのジョイスで行われるオリヴィエ・ティスキンスのシューズの発表イベントに行きました。

雰囲気ある中庭を取り巻く回廊を進むと、そこがパーティー会場です。

そこで何とオリビエ・ティンスキンスに逢えたのです。

彼は黒のフォーマルなスーツで足元は赤のソックス。

感激で頭も真っ白になりながら、穏やかな表情で記念撮影にも動じてくれました。

(実は10年前の私の本にも彼との2ショットを載せていますので今回が2度目です)。

新作のシューズはレースアップのブーツが、

グレイッシュで淡い雰囲気のパネルを背景に並んでいました。

久しぶりにシャンパンでお洒落な人たちとパリらしい夜を時間を過ごしました。

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

 

オーナーバイヤー岩高