カテゴリー別アーカイブ: etc

オリビエ・ティスケンス回顧展vol.1

2

▼現代美術館MOMU。
入口はモダンな画像が手の動作に合わせて動きます。

1

2

3

4

5

6

7

▼MOMUのウッドの美しい階段を上がり2階のティスケンスの回顧展「She walks in beauty」へ。

8

9

10

11

12

▼回顧展のテーマ
『She walks in beauty』のリーフレットにはこのように書かれています。

「ティスケンスのミューズは時代とともに変化する。彼女はロマンチックで、神秘的で、強くてエレガント。

若い場合も年老いている場合もあるが、どこへ行こうとも美の中を歩いている」と。

オリビエティスケンスのデビューは、ベルギーが輩出した天才デザイナーとして当時かなり話題を集めたようです。

その後、若くしてデザイナーに抜擢されたロシャス、その後ニナリッチ、そしてセオリー、そして今。

時代と共に変わるミューズを追い求め表現した回顧展をご紹介して参ります。

13

オーナーバイヤー岩高

2018秋冬パリコレクション Vol.9

アライア23

▼パリバイイング最後は、昨年11月に亡くなった、アズディン・アライア『私はクチュリエ』の回顧展へ。

場所はアライアの店舗兼アトリエで自宅だったマレ地区。

アライア1

アライア2

アライア3

主催者はアライアの生涯のパートナーで画家のクリストフ・フォン・ウェイエと、ディエチェコルソコモの創始者、カルラ・ソッツァーニ。

回顧展では1981年から現在までの試作品40点が展示され、アライアの最後のショーでナオミ・キャンベルが着用したシルバースタッズのブラックドレスを初めアイコニックな作品が、アルミニウムのハーフシェルに飾られ、ソフトな証明がそれらを未来的に演出していました。

実はアライアのドレスをこんなに至近距離で眺めるのは私も初めて。

世界のセレブを虜にしたアライアがもうこの世に居ない事を感じながら、この場所に導かれた使命を感じざるを得ません。

   アライア4

アライア5

アライア7

アライア8

アライア9

アライア11

アライア12

アライア14

アライア15

アライア16

アライア17

アライア18

アライア19

アライア20

アライア21

アライア22

アライア24

アライア25

パリバイイングも無事終了。
これからベルギーのアントワープへ向かいます。

オーナーバイヤー岩高

2018秋冬パリコレクション Vol.5

toogood1 

▼ロンドンで活躍するアーティストの姉妹が手掛けるtoogood(トゥーグット)。
秋冬は「ランドエスケープ」がテーマ。果てしなく続くイギリスの広い大地からのインスピレーション。

幾重にも重なる去る地層や、地図に良くみられる土地の高低差に見られる大地のレイヤー。

彫刻や陶器のスカルプチャーによる、大きすぎるボタンやボタンホールを使ったアーティスティックなアイテムは、

10個限定のシリアルナンバーが別タグにプラスされたメイドインハウスとして新作発表されていました。

昨シーズンからメンズのシェルター2でスタートしましたが、次の秋冬からレディースでもスタートします。

自然を愛するtoogoodは、きっと女性の日々を優しく包んでくれることでしょう。

 toogood2

toogood3

toogood4

  toogood9

▼マレ地区にあるピカソ美術館にいつかは行こうと思ってましたが、初めて行けました。
建物もおしゃれで、写真の撮り応えありでした。

 ピカソ2

ピカソ7

ピカソ8

ピカソ9

 

▼マレ地区のピカソ美術館の作品群です。
 最後に本人の写真です。

ピカソ10

ピカソ12

ピカソ13

ピカソ15

ピカソ16

ピカソ17

ピカソ18

ピカソ20

ピカソ21

ピカソ22

ピカソ24

ピカソ25

ピカソ26

ピカソ27

ピカソ28

ピカソ29

ピカソ30

ピカソ33

ピカソ34

ピカソ35

ピカソ36

ピカソ38

ピカソ39

朝、コレットの前を通りました。
あんなに活気があったのにショーウインドウはふさがれ、落書きが・・・。

応援メッセージもありました。

コレット1 コレット3

コレット2

オーナーバイヤー岩高

UNITED NUDE 2017AW POP UP!

17AW-UN のコピー

春夏大好評につき、秋冬もUNITED NUDEの

POP UPイベントを開催致します!

秋冬の新作コレクションも、構築的な独自のデザインと履きやすさを兼ね備えた

スニーカーやショートブーツがバラエティ豊かに揃います。

IMG_7691

IMG_7693

IMG_7694

IMG_7696

それでは早速アイテムをご紹介致します。

▼MIKU 3色展開 ¥31,320(税込)

color:black・taupe・white

size:35・36・37・38・39

IMG_7738 IMG_7739

IMG_7740 IMG_7741

IMG_7742 IMG_7743

ヒール高さは前が2㎝、後が6㎝。

アンクルベルトも中にゴムが入っており、

いちいち外さずに済み着脱が簡単です。

クッション性もかなり優れ履き心地が良く長時間の着用にもお勧めです。

▼white

IMG_7744 IMG_7745

▼taupe(beige)

IMG_7748 IMG_7749

▼black

IMG_7746 IMG_7747

サンダル感覚で履けるシューズ。

今から素足で履く事もでき、寒くなれば靴下やタイツと組み合わせ

足元で遊ぶスタイリングもお勧めです。

 

▼Zink che 2色展開 ¥36,720(税込)

color:black・black+white mix

size:35・36・37・38・39

IMG_7714IMG_7724

IMG_7723IMG_7720

前がクロスしたデザインにトゥが尖った形が脚をすっきりと長く見せてくれます。

ヒール部分の構築的なデザインもさり気なくインパクトがあります。

▼左:black×white mix 右:black

IMG_7718 IMG_7719

▼Tetra Jacky Mid 2色展開 ¥38,880(税込)

color:black・white

size:35・36・37・38・39

IMG_7702IMG_7700

IMG_7701 IMG_7705

IMG_7706IMG_7712

▲ヒールは直線的で建造物を思わせる6角形のUNITED NUDEらしいデザイン。

6.5㎝ヒールがあり接地面も広く安定感も抜群。

サイドゴアで着脱も簡単。

▼左:white 右:black

それぞれのカラーによってヒールの色味も変えてあり、

黒は馴染みの良いblacksilverのお色。

IMG_7713 IMG_7710

▼Tetra Jacky Hi 2色展開 ¥39,960(税込)

color:navy+black・leopard

size:35・36・37・38・39

IMG_7762IMG_7767

IMG_7770IMG_7772

▲直前のブーツ同様サイドゴアのデザイン。

ヒールは8.5㎝ありますが、足首をすっぽりと覆い安定感も抜群で歩き易くなっております。

▼左:navy×black 右:leopard

こちらも各色でヒールのお色が異なります。

IMG_7764 IMG_7765

▼Zink Short Boot Mid 2色展開 ¥39,960(税込)

color:black・taupe

size:35・36・37・38・39

IMG_7750IMG_7756

IMG_7752IMG_7753

IMG_7755IMG_7759

シンプルなデザインでどんな洋服とも合わせ易いデザイン。

ヒール部分の構築的なデザインもさり気なくインパクトがあり、驚きの安定感。

▼左:black 右:taupe(beige)

IMG_7757 IMG_7758

▼Eamz Pump 2色展開 ¥38,880(税込)

color:black・nude mix

size:35・36・37・38・39

IMG_7773 IMG_7774

IMG_7776 IMG_7777

IMG_7781 IMG_7782

こちらは10年以上続くUNITE NUDEのアイコン的なヒールデザイン。

有名な建築家「チャールズ・イームズ」の名作であるイームズチェアーから

デザインの使用許可を得て転用したデザインとなります。

見た目のデザインとは異なり驚きの安定感。

他には無い構築的なヒールがUNITED NUDEファンに根強い人気のデザイン。

▼左:nude mix 右:black

IMG_7779 IMG_7780

▼Rico Teddy 2色展開 ¥31,320(税込)

color:black fur・white+mint fur

size:35・36・37・38・39

IMG_7728IMG_7725

IMG_7727IMG_7734

前回特に大好評だったRico Sandalが秋冬仕様になり登場。

異素材が組み合わせに新しくファーが付き、女心をくすぐる遊び心のあるデザインとなっております。

今から履けて冬にはタイツや靴下で遊ぶスタイリングもお勧めです。

ヒールは前が3.5㎝・後が6.5㎝あり、足長効果もあります。

▼左:black fur 右:white×mint fur

IMG_7731 IMG_7732

▼Jamie 3色展開 ¥25,920(税込)

color:gold・black python・gun metal

size:35・36・37・38・39

IMG_7792

IMG_7786

IMG_7787IMG_7791

ヒールが3㎝で履きやすく、かかと部分は柔らかいレザー仕様で着脱が簡単。

今流行りのワイドパンツとも相性が良くシンプルなデザインですが、存在感抜群。

▼gold

IMG_7793IMG_7794

▼gun metal

IMG_7795IMG_7796

▼black python

IMG_7797IMG_7798

▼Juko 1色展開 ¥31,320(税込)

color:black

size:35・36・37・38・39

IMG_7804 IMG_7806

 

IMG_7807 IMG_7808

IMG_7809 IMG_7811

異素材の組み合わせで厚底のデザインが特徴。

(ヒールは前が3.5㎝、後が6㎝となります)

見た目の重さとは異なり、軽くクッション性も優れ履きやすく

クッション性も優れ長時間の着用でも疲れを感じさせな機能的なデザイン。

▼Jamie Bootie 3色展開 ¥29,160(税込)

color:gold・black python・gun metal

size:35・36・37・38・39

IMG_7814 IMG_7815

IMG_7818 IMG_7819

先ほどご紹介したシューズのブーツとなります。

▼gold

IMG_7821 IMG_7828

▼gun metal

IMG_7824 IMG_7826

▼black python

IMG_7823 IMG_7827

 

 

2016~17 秋冬ご予約会始まりました

2016-17AW MT,LC DM画像面

日中は気温も上がってきましたが、お店では既に秋冬のファッションの話題で盛り上がっています。5月26日(木)~2016~17の秋冬ご予約会がスタートしました。ブログでは、わたくしオーナーバイヤー渾身のブランドセレクトの解説をいたします。

▼春夏大好評のオスカーデラレンタ。得意のAラインスカートのバリエーションもたくさん揃えました。

OSCAR-DE-LA-RENTA-PRE2

▼プレコレクションでは、シルクのブラウスにツイードのスカートの組み合わせがお勧めです。

OSCAR-DE-LA-RENTA-PRE1

▼ニナリッチのプレコレクションは、1950年代のフランスのファツションモデルの一生をストーリに表現、それにマスキュリンテイストも加味した、たおやかな都会のエレガンス。

nina-ricci-pre-fall-2016-lookbook-15

▼ニナリッチ、パリコレクションのテーマは〝恋する女性”。輝きのある素材と繊細なレースを組み合わせたデザインは圧巻の美しさです。

_NIN0545

▼アルベールエルバスの最後のエッセンスが詰まったプレコレクション。80年代のブリティッシュロックの王、デュランデュランが着ていたようなフリルやレースなどのミックステクチャー。

LANVIN_3

▼そしてエルバス不在のまま、パリコレを行ったランバンは、シネマトックなレトロな世界にタイムスリップしたコレクションを発表しました。

KIM_0055

▼若い世代にバルマンの魅力を広めたオリビエルスティンは、マリーアントワネットの甘くロマンティックな女性が最も憧れる夢の世界に引き込んでくれます。

BALMAIN-4

BALMAIN-1

▼ファーストブリージの才能が開花したエマニュエルウンガロは、国内でも取り扱いがMATTOTTIだけという貴重なエクスクルーシブブランド。

EMANUEL-UNGARO-3

▼天才ガリアーノ曰く、メゾンマルジェラのパリコレは、香水の濃度に例えると一番濃い香水だとか。彼の濃い魅力が詰まったコレクションです。

MAISON-MARGIELA-2

MAISON-MARGIELA-4

▼ハイダーアッカーマンは、テロなど不安情勢が続く世の中に、皆がハッピーになってほしいと鮮やかなピンクを打ち出しました。秋冬から初のプレコレクションをスタートしたハイダーアッカーマンにも期待が高まります。

HAIDER-ACKERMANN-1

HAIDER-ACKERMANN-2

▼ドリスヴァンノッテンは、30年代の大富豪の女性の奇天烈な狂気な日常をメンズライクなアイテムやディティールで独自に表現しています。

DRIES-VAN-NOTEN-3

DRIES-VAN-NOTEN-1

▼アンドウムルメステールは『アンファンソバージュ』をテーマに、ワイルドで自由奔放なプリンセスがイメージ。安定したコレクションを発表し続ける実力はさすがです。

ANN-DEMEULEMEESTER-2

▼マトッティの新ブランドに抜擢されたのは、アメリカのセレブリティ、オルセン姉妹が手掛けるザ.ロー。何シーズンかショールムに足を運び続けましたが、ようやくその魅力をお伝えできる時が来ました。

THEROW_1

▼国内でも取り扱いが貴重なレディースクロス。秋冬は極上のリラックスなムードあふれるエアリーウールのコートや、ダブルフェイスのカシミヤハーフジャケット等が揃います。

01-1

 

▼サカイのプレコレクションは、”LIIFE” 。本来の”LIFE”より1文字〝I”が多いのは、〝I”=アイ=愛。を足したから。”LIFE”(人生)により多くの ”I”(愛)を…という阿部さんのメッセージが込められたコレクションです。

sacai pre 1

sacai pre 2

▼サカイパリコレクションは『love will save the day』。プレコレクションの流れをそのまま引き継いだ〝愛“がテーマ。LOVEの概念を探求することから生まれた、デザイナーの愛あふれるメッセージが詰まったコレクションでした。

sacai main 3

sacai main 2

 

▼リックオウエンスは、尖ったストリートを感じさせながらも、心地良いカシミヤのニットが充実。布帛はベルベットのロングコートや、ウールリネンのコートはリックだからこそ実現したデザインです。

Rick-1

 

▼パリのマリークレール賞や、LVMH賞とLongchamp賞をダブル受賞した、元コムーンのデザイナー古館郁が手掛けるアエヴェス。ロンドンのセントマーティンで学び、今もパリで活躍を続ける彼女の独自の理論が魅力の待望の新ブランドです。

AEVES-AW-2016-20170006 - コピー

AEVES-AW-2016-20170008 - コピー

 

▼08サーカスは迫力ある大人の女性を、ミニマルなアイテムとクリーンな素材とカラーで魅せます。5月には東京の郊外に初のショップをオープンし、益々その世界観を広げています。

08sircus_1

 

▼3月に表参道に、日本初のショップを構えたMM⑥。独自のパリエッセンスの詰まったコレクションは、アイテムはもちろん、オリジナリティあふれるスタイリングが楽しめます。

mm6-5

 

▼元シャネルで働いたキャリアを持つ中西恵美は、ドイツ在住で現在は信州大学で博士課程を習得中という、常にストイックな挑戦を続けるデザイナー。エミドウッファとブランド名も改め益々ちから強いコレクションを披露しています。

emi-1

 

▼今シーズンのレナードプランクは、日本のリクエストを反映し、ハットの高さを低くした新しいデザインが登場。またカラーもブラウンからネイビー、ボルドーと幅広いカラーのコレクションを展開しました。

reinhard

 

パリコレではショーのすぐ後にSNSで画像が拡販され、シーズンを待たずにその場で商品が買える?という今のファッション業界の大問題にデザイナー達はどう答えを出したのか…。

賛否両論が繰り返される中ですが、私には何の問題でもありません。素晴らしいオートクチュールや、オリジナリティのあるプレタポルテは、ショーを終えた時点で、どうしてクイックリーに商品を販売提供できるのでしょうか?

デザイナーは、半年間、ジャーナリストの議論にストレスを抱えながら全身全霊をかけてショーを迎え、その後、デザイナーを取り巻く生産やパターンチームが、再度念入りにサンプル商品を見直し、ようやくさらに3~5か月後に、消費者に間にあうように商品を作り上げる…。

そのシステムとこだわりの時間はけっしてショーの後にはできないしありえないのです。

私バイヤー達も、今日という日のために1年前からバイイング計画を立てて、そしてパリまで赴いて、そしてようやく今日という日が迎えられるのです。

世界にファッションライフを提供することを使命とする、デザイナーからバイヤーまでの一貫したクリエイティブチームの渾身の秋冬コレクションを、是非バイヤーや、お店のスタッフのプレゼンテーションをお聞きいただきながら、もう間もなく入荷を迎える秋冬コレクションを待ち遠しく楽しんでいただければと思います。

ご来店心よりお待ちしております。

オーナーバイヤー岩高